2019年02月06日

久々のポイント開拓





先日はGWのご予約、
一斉受付開始にご協力いただき
ありがとうございました!

お陰様で、大きなトラブルもなく、
無事ご予約をいただく事ができました。
ありがとうございます。

なおGW、まだ少し空いておりますので、
これからご予定をお考えの方、
ぜひご利用ください。
(お電話でもOKです)






では本題です。




かつては、オシゲさんと共に
ポイント開拓をよくしたものです・・・



おかげで、

天草西海岸のヒラスズキポイントは、全て制覇。
もはやこれ以上開拓の余地はない。


そう自負していました。
あの瞬間までは・・・




ヒラスズキの釣れそうなサラシが広がる
西海岸の海岸線は全て網羅。

かろうじて、ポイントとポイントの合間の
入れない海岸も少しはあるが、
もはや未踏、未投の地はそれくらい。
もう充分だろう。


そう信じていました。
あの瞬間までは・・・





一方、そんなあるじと打って変わって、
現在、ヒラのポイント開拓に躍起になっている
カンペーちゃん。

暇を見つけては、グーグルの航空写真を眺めて、
「タツさん、ここも入れるんですか、、、?」
などと質問を投げかけてくる。


ちなみに、あるじはカンペーちゃんに
ヒラスズキのポイントを教えることは
ありません。


なぜって?


不親切とか、
ケチとか、
そんなんじゃありません。


ちょっとうまく説明できないんで、
漫画「ワンピース」から例を挙げます。


海賊王の元クルーであり、
世界の全てを見、歴史の全てを知る男「レイリー」に、
「ウソップ」が「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」は
本当にあるのか?と問うシーンがあります。

そのとき「ルフィ」は激昂して
「ウソップ」をたしなめます。

『ここでおっさんから何か教えてもらうんなら
俺は海賊やめる。
つまらねえ冒険なら俺はしねえ!』と。


・・・そういうことです。


教えてもらったら、
結局つまらないんですよね。


カンペーちゃんのヒラスズキ釣りに対する情熱は、
あるじに似たものを感じます。

だから教えないんです。


そのカンペーちゃんが、今日もまた、
グーグルマップを開いたスマホ片手に
問いかけてきます。

「タツさん、これって、、、ルートですかね?」


「ん~?どれどれ?」

「!! うっ!!? こ、これは・・・」


カンペーちゃんの示すそこは、
西海岸であるじが唯一入礁できないポイント。

断崖絶壁に阻まれ、陸路からはもちろん
飛び道具カヤックでの上陸も困難な場所。
いわば、西海岸に残された最後の秘境。


もしこれがルートであるとすれば、、、


うだうだ考えていても、始まらねえ!
すぐ調査に行くぞ!!


ということで、
久々のポイント開拓です。


今回は釣り道具は持たず、
代わりに手鋸と剪定ばさみ持参でGO!!





まずは、車で行けるところまで行き、
続いて、きれいに整備された遊歩道を
延々と登ります。


最終的には海に降りたいのに、
まず山を延々と登るこの行程。
この先の険しさが容易に想像できる。。。







そして山頂付近の少し開けた場所に到着。
海だ!海が見えるぞ!!


(あたりまえ)



しかし・・・





少し進んだところで、
遊歩道は突如として行き止まりに。


そりゃそうですわな。
遊歩道が海まで続いてたら、
最後の秘境なんて、いいません。

これまで行けなかったから
秘境なんです。


というわけで、ここまでくれば、
続いて、、、





藪漕ぎ!

手鋸と剪定ばさみで、
藪を切り開いてルートを
確保ながら進みます。

ちなみに藪を切り開くのは、
ルートを確保する以外に、
道に迷わないようにする意味もあります。

やみくもに山を下ると、
絶対に元の場所に戻れませんからね。







しばらく下っていくと、ロープを発見!!!

こ、これは・・・
ここが、かつて海へ降りるための
ルートであったことの証なのか!?


だが、ここはまだ
ロープが必要なほど
傾斜はきつくない。

そしてロープはすぐに途切れていた・・・


これは一体・・・?



その後しばらく、藪を切り開き、
GPSで位置を確認しながら山を下るも、
なかなか行きたい方向に進めない。

さらに時間もかかりすぎるので、
ここでカンペーちゃんに待機してもらい、
あるじ一人で山を下っていく。






しばらく進むと、傾斜がややきつくなる。
同時に木立が高くなり、藪が開けてくる。
ここ辺りはもう、人の手も入ってない様子です。


藪は、かつて人間の手で切り開き、
その後放置された証ですからね。

なんにせよ、
潮騒もひときわ大きくなり、
海はもう間近であることは間違いない!







さらに進むと、傾斜はさらにきつくなる。
普通に立っては降りれないので、
木々につかまりながら、滑り落ちて行きます。


まあ、ヒラスズキ釣りのポイントへの
行程によくある光景です。

山の斜面の至る所に岩肌が見えはじめ、
潮騒がはっきりと聞こえます。
そして木々の隙間からは海面の姿も!

もうすぐそこだ~!!



そして!!!





出た!!!!
最後の秘境!!
うっひょ~~~!このサラシ!
絶対釣れるでしょ!!
まさに垂涎もののヒラスズキポイント!



が、





最後の最後。
海に降りる断崖の部分。
ここ、摑まれる木もないし、ロープなしでは、
安全に降りれる気がしない。。。

写真では簡単に降りれそうな
気がするんですけどね~。

他に降りれそうな場所を探すも、
やっぱりここが一番安全に降りれそう。


ということで、今回の探索はここまで!
次はロープ持ってこよう。
(釣り竿持ってきてたら
無類やり降りてたでしょうが)


そしてここからが本当の地獄。

やはりヒラスズキの秘境ポイントは、
戻りが大変なんです。

傾斜のきつい場所にもロープはmustだね。
次は長いロープも持ってこよ!


そして、藪エリアまで戻って、
大声でカンペーちゃんを呼んでみる。

「お~い!」

「・・・」

「お~い!お~い!!」

「・・・は~い!」


おお、あっちかあっちか。
やれやれ。一安心です。





という、久々のポイント開拓。
難易度は高くないですが、まあハードでした。

藪漕ぎを抜けてからのハードさは、
有名な〇松公園に上から挑むのに匹敵するくらい。
かな?




でもやっぱり楽しい!!
未踏の地の開拓は!

ちょっとした探検だよね。







さて、そんなカンペーちゃんと、
続いてはカヤックフィッシング!


今週末開催の
「あるじ&カンペ―ナイト」の食材調達です。

狙うは、かの鉄の大鍋で作るアクアパッツァ用の
50cmのオオモンハタ!

風来望はるか沖をタイラバで狙います。







はじめにHITしたのは、
カンペーちゃん!
が、、、サメェ。

使える魚を釣らんかい!
使えんやっちゃの~。




だがだが、続いてもカンペーちゃんにHIT!
ナイスサイズのアオハタ。
やるやん!前言撤回。






続いてあるじに、グッドサイズのキジハタがHIT!

よし、これであとオオモンハタを釣って、
「3種のグルーパー丸ごとアクアパッツァ」と
行きますかい!!




と思ったのですが、、、





結果、そのあともキジハタばっかり。
なんか最近キジハタ多くね?
逆にアオハタが減ったような。。。


それはさておき、
この食材調達の結果、
アクアパッツァは、キジハタ4匹でやります!

アオハタは他の料理に使いますからね~。

お楽しみに!





お知らせ

次回2月9日開催予定の
「あるじ&カンペーナイト」は、
おかげさまで定員に達しました。
ありがとうございます。

次回以降の「ナイト」も
よろしくお願いします。




今年は暖かいからか、
いつもの年より、忙しくなるのが
早くなりそうな気配。

2月に入ってから急にゲストさんが増えてきた。
あんまりのんびり構えてると、
やばいかもな。


がんばろ!!








それでは。



  
Posted by 風来望あるじ at 10:16Comments(0)カヤックフィッシング天草タイラバ

2019年01月20日

カヤックで冬を楽しむ




禁酒宣言から1週間。
今なお禁酒継続中。



我が人生、
酒を飲める歳になってから、

これほどまでに長い期間
呑まなかったことは、、、





ない。



うまい肴を前に、
黙って茶を飲む毎日が、
これほど辛いとは思わなかった。


が、

それもこれも、
末永く元気に天草暮らしを楽しむため。

もう少し辛抱したいと思います、ビール。







さて、
予報通り、凪となった本日。





朝から行ってきましたカヤックフィッシン!
やっぱりタイラバ釣行が無難でしょう。
ですが、本命はタイではなく根魚。
今の時期のハタは脂乗り抜群で旨いからね~。


写真は、あるじの自作タイラバです。
ごくオーソドックスな遊動式タイプ。

シンカーは、鯛玉18号をメイン(無塗装)に使用。
ネクタイは、緑、オレンジ、赤をよく使います。
スカートは、ネクタイとかぶらないカラーを3色。

これにワームを付けることもありますが、
最近はないなあ。なくても釣れるし。

メインライン PE0.8号
リーダー フロロ16lb





本日の潮周りは、大潮
7:17満潮です。


満潮からの下げ潮を狙い、8時半頃出艇、
9時前から実釣開始です!


風来望はるか沖のタイラバゲームは、
決まったポイントをスポットで探るのではなく、
船を広く流して、アタリを拾っていくスタイル。

なので、まずは風なり、潮なりで、
カヤックが流れなければ、釣りにならない。


で、GPSでカヤックが流れる速度を確認すると、
潮の流れに加え、晴天の朝特有の陸風もあいまって、
時速0.6~0.8ノットで南西方向に流れている。


おうおう!これだけ流れれば充分!
潮もガッツリ効いてるし、これは爆釣の予感!?





の予感的中か?即HIT。
真鯛。
塩焼きサイズですけどね。

ここ最近、型は全く期待できないけど、
小型の鯛がかなり湧いてる感じ。



この後も、小さな鯛らしきアタリが頻繁にある。
しかしNEWロッドをまだ使いこなせていないのか、
なかなかフッキングに持ち込めない。

(小さな鯛はウエイトが乗らず、針掛かりさせにくい。
そんな小さな鯛でも釣れるタイラバが優秀なのだそう)



アタリがあってもフッキングしない
もどかしい時間が30分以上。

途中ルアーチェンジを繰り返し、
ようやくHIT!




おお!この竿の曲がり。
この引きは小さい鯛じゃないぞお。
なんだなんだ?







答えはオオモンハタでした!
ナイスフィッシュ。



そんなこんなで、ぼちぼち10時になろうかという頃、
陸風がだいぶ落ち着きはじめ、状況が一変。
連発モードに!






まずは、少し小マシな型の真鯛がHIT。
といっても1kgもないですけどね。
ここ最近の状況ではグッドサイズ。






続いてキジハタ!
40cmほどかな。




オオモンハタ、キジハタ、とくれば、
次はアオハタを期待!




するとロッドがズボッと海中に刺さった!
これはアオハタか!?
と期待しましたが、、、






またしてもキジハタ。
少しサイズUP!
最近、キジハタがよく釣れるようになった・・・ような。




このあとも連発モードは続いたものの、
結局アオハタは釣れず、
一夜干しサイズのキジハタ4匹と
オオモンハタを1匹追加。

う~む。
逆に最近、アオハタが少なくなったような・・・



そしていつでも時合は長くは続かない。
11時前には、流れが緩くなり
連発モードは終了。

アタリが遠くなって、最後にホウボウが釣れたところで
stop fishing 納竿です。







本日の釣果!
やっぱり今は数釣りだね。

ホウボウはリリースする人も多いですが、
寒い時期のホウボウは旨いんですよ。
冬に嬉しい鍋の具材にもGoodです!







冬は寒いし、カヤックは暖かくなってから、
というアングラーのみなさん、
この冬は、本当に暖かいし、凪の日も多い。

釣果もまずまずですし、
次の凪にいかがです?カヤックフィッシン!




なになに?
冬にカヤックに乗る格好がないって?



まずはカッパ(レインウエア)で大丈夫ですよ!



確かにウエットスーツがあるに越したことはないですが、
ないならカッパでも大丈夫。

そもそも冬のカヤックフィッシングは、
小春日和の暖かい凪の日に楽しむもの。

加えて南国九州。
大げさな防寒着は必要ありません。


上下カッパ

寒くない程度のインナー
でOKです。


ただし、濡れると冷えるし、uncomfy(不快)なので、
濡れやすい下半身は工夫が必要。

基本は、インナー+カッパですが、
問題はカヤックに乗り込む際に
水に浸かる、ひざから下。


参考までにあるじはどうしてるかというと、、、





シューズは長靴。
これは友人から頂いたネオプレン製の特殊な長靴ですが、
普通の長靴でもOK(膝までの長さが長めの物がお勧め)。


ちなみに下半身のインナーは、
ユニクロのパッチ。そうヒートテックです。





長靴の上に被せるように、
カッパを穿きます。



これだけでもいいのですが、
さらに、、、





裾をロッドベルトで縛ります。
これで完璧。

こうすることで、カヤックに乗艇の際、
万一、長靴の長さよりも深いところに
立ちこんでしまっても、短い時間であれば、
長靴の中に水が入ることがありません。



これで冬も快適!
カヤックフィッシング
ですよ。


ちなみにカッパのズボンは、
しばらく使っていると水が滲みてくるようになるので、
そうなったら買い替えです。

カッパのズボンは、
ワークマンで1500円くらいで売ってましたよ!



ただし、
沈した際の再乗艇など、安全面を考えると、
ウエットスーツが一番なのは言うまでもありません。
そこはお忘れなく。







最後にカヤックアングラーの皆様に、

4月14日(日)開催
第1回九州カヤックフィッシングフェスタ
についてお知らせです。


昨年、当ブログにおいて、開催を発表しながらも
その後、沈黙を続けておりますが、
現在、大会用HP及びFBを作成中でございます。

大変長らくお待たせしてしまい、
誠に申し訳ございませんが、
完成次第、エントリーの受付を開始いたしますので、
今しばらくお待ちいただきますよう、
よろしくお願いいたします。




大会まであと3ヶ月を切りましたね。
どんな大会になるのでしょうか?
楽しみですね!!






それでは。

  
Posted by 風来望あるじ at 09:01Comments(0)熊本天草タイラバレンタルカヤック

2018年03月05日

カヤックで楽しむタイラバ&スロージギング

ちょっとご無沙汰している間に、
いつの間にか3月に入ってましたね。


急ピッチで進めていた内装DIYも
ほぼ目途がついたので、
待たせていたお客さんとこへ、
植木の剪定に行ってたりしてました。

失礼致しました。




思えば、冬季休業していた
昨年、一昨年の営業スタートは、
3月からでした。

今年もいよいよその3月に入り、
風来望もそろそろエンジン全開に!


と、なって欲しいところですが、
毎年のように、風来望はスロースターターで。。。

3月に入っても、真冬の時期と
なんら変わることはありません。


まあ、なんやかんや言っても、
まだ、ちと寒いですし、
風来望は「夏」のイメージが強すぎるから、
仕方ないっちゃ、仕方ないのかなあ・・・


いやいや。
仕方ない、で済ませていては、
人間、成長いたしません。


そのための「やっぱり冬も」プロジェクト。
まだまだ始まったばかり。
頑張らねばなりません!!




一方で、春を飛び終えて、GWの予約の方が
ぼちぼち増えて来ておりますので、
特に大人数でのご利用をお考えの方は、
お早めのご連絡をお願いいたします。





さて、内装DIYも終わり、
あるじの次なるミッションは、
外装、エクステリアDIYへ!

と移るべきところなのですが、
ここで女将から、「ちょっと待ったぁ!!」が。

「概算でいいから予算を出して」
とのお達し。。。


内装DIYも、勢いでやってしまって、
思いのほか額が行ったし、
これから考えているエクステリアDIYも
少々、規模が大きめ。

そこんとこ、無頓着にやってると、
「風来望 DIY破産」なんてことにも
なりかねず・・・

ということで、エクステリアDIYについては、
只今、材料の拾い出しと、予算を計上中。

構想では、工事期間2~3週間、
3月中には完成の運びに、
と考えてるんですがね。

無事着工の運びとなった際は、
DIYの模様をまたブログでUPしていきますので、
お楽しみに!





で、今回のブログのネタですが、
ここは、やっぱりアレでしょう。


もう3月に入りましたし、
春の足音を探しに、カヤックフィッシング!
ですよ。


前回のブログでUPした釣行から
早くも1週間。

前回はスロジギでしたが、
今度はタイラバで探ってきましたので、
早速その模様をどうぞ!!





カヤックフィッシングに限りませんが、
釣りは、海という大自然を相手にした趣味。
釣行の際は、事前の天候チェックは不可欠です。


で、その天気予報によると、
この日は昼頃から雨が降り出し、
風も強くなるとのこと。

そして潮周りを確認すると、
大潮で、満潮は午前9時前。


ふむふむなるほど。
ということは、、、

勝負は、午前中!
しかも朝マヅメから
満潮の潮止まりまでで
勝敗は決すると読んだ!!



ということで、まだ薄暗さの残る
朝6時半ごろ出艇。
一路、風来望はるか沖を目指します。


しかし沖へ出ると、既に北東風が強い。
日が昇れば、この風はやむのか?
それとも天気の崩れと共にさらに強まるのか?

微妙な判断を要されるところですが、
とりあえず実釣開始。
タイラバを、沈めては巻き、沈めては巻き、を
繰り返す。

しかし如何せん風が強く、結構釣りづらい。
しかもアタリは全くない。

まだ数十分しか経っていないが、
北東風は冷たく、早くも帰りたいモード。。。


でもそこをグッと堪えて、
しばらく粘っていると、風が弱まりだし、
釣りやすい状況に。


すると、待ってましたのファーストバイト!
いきなりロッドティップを水中にズボッと引き込む、
なかなかのグッドバイト。

しかし残念ながらフッキングには至らず。

でも、これで「帰りたいモード」は、雲の彼方へ。
俄然やる気が出てきて、、、


しばらくして2度目のバイト!
これも先ほどと同じようなグッドバイト。
しかしこれもフッキングせず。

「なんでやーーーッ!!」
と思わず叫びそうになる。

しかしグッとこらえて、頑張っていると、
3度目のバイトが。

今度は小型特有のついばむようなバイト。
セオリー通り、そのまま巻き続けて、
無事フッキングに持ち込んだが、、、




ちっさ!
やっとあがったのは、
ミニマムサイズの真鯛でした。




しかし2度のバイトに、ミニマム1匹。
これは時合に間違いない!
気づけば風はすっかり止まっており、
条件も上々!

そして時刻は午前8時。
こっから潮止まりまでの1時間、
入れ食いなんじゃねえか?


と淡い期待を抱いたものの、
しかし、ここからは、しばしノーバイト。。。



はあ?
なんて短い時合なんだ!


と半ばあきらめモードになっていた矢先、
3たび!グッドバイト!!!

ロッドは弓なりに曲がって
海中に突き刺さり、
ドラグも滑り出した!

「今度こそ乗るか!」



が、願いもむなしく、、、


ああ無情。
レ・ミゼラブル


テンションの抜けたロッドは
無情にも、水中から舞い戻り、元の位置へ。。。



「んがーーーーーっ!!!」

アングラーの皆さんなら、この吠えたい気持ち、
分かってもらえると思います。


じつは先週、
マグロ狙いで2度ほどスカを食らってまして、
相当ストレスが溜ってるんです。


誰かさんが、
「マグロがどもこも跳ねとる」
なんていうもんで。



まあそれはさておき、
潮止まりまで、残り時間もあとわずか。

ここで、アタリはあるものの、
全然フッキングしないタイラバを諦め、
スロージギングに変更!



だが、世間は甘くはない。
スロジギでも、エソが2匹釣れただけで、
あとは一切反応なし。


いよいよ万策尽きたか・・・
このままボウズで帰るんか?
悔しい、悔しいなあ。。。


ほぼ惨敗モードの中、
それでも潮が止まるまでは諦めまいと、
ふわりふわりとジグをしゃくっていると、、、!



サドンリー!


まさにSuddenlly!


突然に!!


ふわりと持ち上げたはずのロッドが、
突如、衝撃的に引き込まれる!!



きたッ!!!



それはまさに突然の出来事。
HITは突然に。
待ちに待った待望のヒット~!


にわかに慌ただしくなる船上。

まて、あわてるなあわてるな。
慎重に慎重に、、、
(もうさっきまでのイライラは吹っ飛んでます)


これは鯛か?鯛か?
青物ちゃうな?

おお、この叩くようなファイトは
鯛や鯛や!


で、上がってきたのは、




春の使者。
2kgほどの桜鯛。
お腹パンパンです。

盛期ならば、なんてことはない鯛なんですがね。
でも、あるじ心の底から一言

「よかった~」


まだ走り、ですからね。
この1匹、本当に嬉しかったんです。



で、ほっとしたあるじ。
最後にもう一度タイラバにチェンジして、、、



潮止まり直前にホウボウをゲット。
ホウボウが釣れるときは潮が良くない、
とか言いますけど、
潮止まりだから釣れたのでしょうか?



ということで、この日はこれにて納竿。


で、続いて話は翌日。
今度は午後からの出艇です。


この日は3月初旬とは思えない、
汗ばむような陽気の1日でしたが、
午前中は南風が強かったため、パス。

風が弱まった午後から、夕マヅメ狙いで出撃。
今度はスロージギングで風来望沖を探ります。

しかし・・・

3時半ごろの干潮を境に潮が全く動かなくなり、
大苦戦。


しかしそんななか、珍客がHIT!




マグロ



の赤ちゃん。




なあ、もしかしてこれか?
どもこも跳ねてるマグロってのは?


まあマグロなんて初めて釣ったけどさあ。
嬉しくないって言ったら嘘になるけどさあ。

2,3キロ~10キロ半ばくらいって
聞いてたんやけど、、、

これ稚魚やん。


じつはこの冬、天草ではマグロが異常に
多いそうで、網にも大量に入るそうです。
(ただし漁獲規制で水揚げはできない)

もしかしてそれって、漁獲規制の効果が
早くも現れたんじゃ?
だったら嬉しいけどねえ



で、結局この日の釣果はというと、



最後に特大のホウボウがHITして終了!
風来望の目の前の、
浅い砂地のとこでHITしたので、
ヒラメかと思いましたが、ぬか喜び。。。





という感じで、前回今回と2週にわたって、
風来望沖を調査してきましたが、
今はまだ「走り」ですね。

特に根魚はまだほとんど釣れず、
魚からのコンタクト自体、
とても少ないのが現状です。

青物や鯛をターゲットに据えても、
外す確率も、まだ大きいです。


が、しかし!

「好調に釣れてます」
って声を聞いてから動いたのでは
遅いのが、釣りの常。

盛期、最盛期に向けて、
前もって動くのが爆釣への近道!
ですよね。




タックルデータ
 タイラバ
  ロッド   ダイワ 紅牙x 69HB
  リール   ダイワ タトゥーラHDカスタム
  ルアー  自作タイラバ 
  シンカー ハヤブサ ブレードボンバー80g
  ライン   DUEL ハードコアx8 0.8号
  リーダー GOSEN 剛戦XリーダーFC 17lb
     
スロージギング
  ロッド    シマノ ゲーム タイプSlowJ B683
  リール   シマノ オシアコンクエスト200H
  ジグ    ダイワ ソルティガXDジグ 100g
          アブガルシア スキッドジグ100g
  フック   自作アシストフック 
          ソルティガ ライトアシストss1/0
          シャウト アシストPEライン150lb
  ライン   DUEL ハードコアx8 2号
  リーダー  GOSEN 剛戦xリーダーFC 24lb    




~お知らせ~

4月から風来望レンタルカヤック
料金を一部改正いたします。


これまで、3時間ちょい乗りコースと
24時間乗り放題コースの2コースでしたが、
新たに4、5、6時間コースを追加します。



従来プラン

シングル艇
3時間まで 3,000円
3~24時間 6,000円

タンデム艇
3時間まで 4,000円
3~24時間 8,000円



新プラン

シングル艇
3時間まで 3,000円
3~4時間 4,000円
4~5時間 5,000円
5~24時間 6,000円

タンデム艇
3時間まで 4,000円
3~4時間 5,000円
4~5時間 6,000円
5~6時間 7,000円
6~24時間 8,000円


となります。

3時間の次が、いきなり24時間乗り放題に
なっていたのを1時間刻みとし、
ご利用していただきやすく致しました。

今年もご利用の程、
よろしくお願いいたします!








それではまた。