2013年11月25日

チムチムニー



あれから、早くも2週間。
そろそろ煙突掃除が必要な時期です。


チムチムニー チムチムニー チムニーチェリー 私は煙突掃除屋さん。
みなさん聞いてくださいな。


煙突掃除といえば、やはりこの歌でしょう。
まあ、予想されていた方もおられるとは思いますけどね!

ご期待にお応えしたということで。




ということで、煙突掃除。


まずは、煙突を外します。
取り付けも簡単なら、取り外しも簡単です。



煙突を外して、中を覗きこんでみると・・・








お~ 結構付いてますね!
これが問題のクレオソートでしょうか?
煤のみたいなもんですね。




この煤を落とすのが、煙突掃除。





あらかじめ、煙突の下側に、ビニール袋を被せておきます。
そして上側から煙突の径に合った掃除ブラシを挿入し、ゴシゴシ・・・

なぜかニヤつくダイスケ。
なんやしょうもないことを言うてましたわ。






結果、取れたのがこちら。
煤ですね。
聞くとこによると、これが墨汁の原料になるそうで。

ほんまか!?

じゃあ、これを水に溶かして墨汁にして、正月に書初めしようや!
墨汁も自給自足ですよ。




こんな感じで煙突掃除は、おしまい。
煙突を元に戻して完了です。
簡単簡単。








続いては、大人気の重労働、薪割りです。




パコ~ン!!
さすがは、材木屋のダイスケ。
最初から、気持ちよく丸太を割っていきます。
ついにへたれキャラ解消か!?





続いては、アユム。

「ドスッ!」

鈍い音とともに、斧は丸太に突き刺さる・・・

まあ、はじめは大体こんなもんです。空振りしたりね。




しかし!農業も手伝うアユムは体力バカ。


数をこなすにつれ、コツをつかみ、百発百中で丸太を割るように。
見るからにパワフルな体格のアユム。
有無を言わさず、パワーで次々に丸太を真っ二つに割るさまは、まさに圧巻!のひとこと。



一方のダイスケは、数をこなすにつれ、体力切れで・・・
残念!へたれキャラ解消ならず!!
はじめはよかったのにね!




そうこうするうちに、ギャラリーも集まり始め・・・




女子も薪割りに挑戦!
女性チャリーダーの「さきちゃん」。アユムの指導を受け、
見事にまきを真っ二つに!お見事!!







ついつい夢中になってしまう薪割り。
特に男子は、こういうの好きですね~。
チェーンソーまで持ち出して、結局二人で全部割ってしまいました。

ありがとね!!





対して、薪割りには、少ししか興味のない女性陣。
海辺の広場で、ボール遊び。






そんな、やさしい陽光が降り注ぐ、さわやかな秋の休日のひとときです。









じつは今あるじ、用事で天草から離れたところで、ブログを更新しています。


昨日、天草から離れたばかりですが・・・
自分で撮った写真を見てるんですが・・・



天草って本当に綺麗なとこですね!!!
早くも再認識。



釣り三昧の生活に憧れて、
ロケーションのよさに惚れ込んで移住した天草、


釣り以外にも、夢中になれるものがたくさんあって、
毎日、楽しくって、忙しくって、
つい当たり前になってしまって、
その美しさを忘れてしまいがちだけど・・・


いい!


やっぱりここは、いい!!
こんな当たり前、ありえんわ。


早く帰ろ!!








それではまた。



  
Posted by 風来望あるじ at 20:22Comments(2)宿のこと

2013年11月24日

日本の伝統的料理



シンセーは、ほんまにノリがいいですね!

早速やってくれました!!


釣行前の占い。「釣りするフォーチュンマッキー」を





それでは、さっそくその模様をどうぞ。





まずは1回目



大きく振りかぶって~
とりゃ!







スカッ!!!!!!!!








なんと空振り・・・







力みすぎや。







まあまあ、1回目は試技ということで。

気を取り直して2回目。





再び大きく振りかぶって~





とりゃ!






おおっ!?










わははははっ!
大失敗。
丸太に斧が刺さって抜けない、の図




まあ、そもそも足元からしてなってないな。
スリッパで薪割りなんざ笑止千万。
薪割りをなめてもらっちゃあ困りますよ。



ということで、占いの結果は最悪。




午後からの釣行は・・・




シャッターチャンスがひとつもない見事なまでの撃沈。

恐るべし、フォーチュンマッキーの的中率!





ていうか、こんな占い嫌ですね。。。









しかしさすがは、運動神経抜群のシンセー。
薪割りのコツもすぐにつかんで、見る間に薪の山が出来ました!
サンクス!!シンセー







さて、話はかわりまして。





風来望農園で大根の初物を収穫しました。
タネを播いてから2ヶ月ほどですかね。
中ぐらいの大きさまでに育ち、ついに食べごろを迎えました!





この大根を使って・・・





おでんに!
バカでかいお鍋は、薪ストーブ導入記念におしげさんより。
サンクス!!おしげさん。






薪ストーブで、煮込むおでん。
昨日やったダッチーオーブン料理もこなせば、
おでんのような「ジャパニーズ トラディショナル キュイジーヌ」までこなす薪ストーブ。
まさに万能です。

あ!いまちょっと小難しい言葉を使いましたね。失礼。
「日本の伝統的料理」という意味で。






さて昨晩は、薪ストーブ火入れとイルミネーション点灯記念の豚汁パーティでした。
少し前にブログでちらっと発表してましたが・・・  覚えておいででしたでしょうか?



そんな豚汁パーティ。
豚汁や、おでん以外にも






鮭を使った料理は、





炙りトロサーモンに!!
これ激うま。








モツ煮込みも。
こちらは、ひとみちゃん作。
これも激うまでした。



他にも、ダイスケが山芋のネギ焼きを作ってくれたり(写真取り忘れたけど)と、
またしても賑やかな食卓となりました!







それでは!
いただきます!!!





で、早くも宴もたけなわ







イルミネーションを楽しむカップルや





これは・・・

「恋するフォーチュンクッキー」を振り付きで踊る面々や







パーティの後片付けを賭けて、薪ストーブ前でトランプをする面々。
しかしこのスペース。これだけの人数が集まると、ちと狭い。
3,4人がベストでしょうか。






揃って負けたのは、ダイスケ夫妻。
仲のよろしいことで。






とまあ、告知不足もあって、
今回は、ほぼいつものメンバーのみのパーティとなりましたが、、、

次回は、ついに年越しカウントダウンイベント!!!


やることだけ決定してて、内容は未だ決まらずという、体たらくですが、
近日中に内容も発表しますので、今度こそは皆さまふるってご参加ください!!
よろしく!








先日お泊まり頂いた、島好きイラストレーターの「松鳥むうさん」から、プレゼントを頂きました!
ありがとう!!

むうちゃんは、離島1人旅が大好き。
特に、行くのが困難な島ほど燃えるそうで、
先日は、台風の影響で欠航続きのトカラ行きフェリーを、1週間近く風来望で待っておられました。

「島旅ひとりっぷ」は、そんな島旅で得たインスピレーションを元にできたエッセイです。
釣り人あこがれの島もたくさん載ってましたよ!!



むうちゃん、トカラはどうでしたか?
天草にもまた遊びにきてね!!!








それではまた

  
Posted by 風来望あるじ at 10:35Comments(0)宿のこと

2013年11月22日

男らしい料理




只今満喫中の、薪ストーブライフ。
今度は料理です。

いや、これまでも薪ストーブの輻射熱を利用した料理はやってました。
ルクルーゼを使ったシチューとかの煮込み料理は、ね。


今回は、オーブン料理にチャレンジしてみました!

もちろん女将さんではなく、あるじが。
薪ストーブを使ったオーブン料理と言えば、野趣あふれる男の料理ですから。


ここは男らしく、男らしい料理でいきましょう!!
もはや意味不明。ちょっと酔うてます。。。







用意するのは、鳥モモ肉。
男らしく、3代目しゃくれーズを捌いた





わけではありません。


風来望のニワトリ、またしても全部ケモノにやられました・・・
どれだけ強固な小屋を作ろうとも、
夜寝るときに扉を閉め忘れていたのでは、何の意味もありませんわ。

やっぱりニワトリの放し飼いには、番犬が必要なようで。





それでは、話を元にもどして






その鳥モモ肉にフォークで穴をあけます。
男らしくザクザクいきます。







穴があいたら、塩コショウをよく擦り込み、しばらく置いておきます。





続いて、取りい出したりますは・・・







こちら!ダッチオーブンです!
ダイスケ寄贈のこのダッチオーブン。
なんと偶然にも、風来望の薪ストーブにベストマッチなのです!

さあ、男らしくなってきましたよ!!






まずは、オリーブオイル。
男らしい料理に分量なんて関係ない。
適当に、どぼどぼどぼ。






そこに適当な大きさに切った野菜をブチ込みます。
タマネギ、ジャガイモ、サツマイモが入ってます。
量は適当。好きなだけ入れとけばOKです。






その上に、先ほどの鶏肉とニンニクを入れます。
ちょっとピンボケ。
料理しながら写真撮るの面倒なんですよ。







更にブロッコリーを。茎の部分もね。
塩コショウを施し、再びオリーブオイルをどぼどぼっとかけたら、下ごしらえは終了です。






続いては、薪ストーブの火加減。







当然のことながら、こんなに燃えてる状態では無理です。
ていうか、薪でいっぱいで、ダッチオーブンを入れるスペースがありません。
ここは男らしくj、火が落ち着くのを待ちましょう。






少し落ち着いてきました。
が、まだ早い。
もう少しの辛抱です。




で、火がいくぶんおちついたところで、薪を崩し、おきびの状態にします。



そして!




いよいよダッチオーブン投入!!
男らしい!!!




フラッシュを焚いてもう1枚。
ね!ジャストフィットでしょ!!ちょっと斜めってるけど
オーブンの上にも、炭を置いて、待つこと15分・・・







完成!!!とってもいい匂いがします。
あっついストーブから取りだす時に、かなり男気が必要な、
男らしい料理の完成です!



チーズをかけて、鶏肉を切って、皿に取り分ければ・・・





なんということでしょう!!
1ヶ月早いクリスマスディナーの出来上がり!!
しゃれおつ!


味?
マズイはずがありません。
ていうよりも、旨いに決まってます。
恐るべし!薪ストーブの遠赤外線効果!!

これは絶対にお勧め!


ダッチオーブンも常備しておりますので、
風来望にお越しの際は、皆さまも是非チャレンジしてください!!

なお、危険を伴うストーブへの出し入れの際は、お手伝いします!





We're waiting for your staying !






See you !


最後は男らしく、英語で決めてみました。






  
Posted by 風来望あるじ at 22:26Comments(0)宿のこと

2013年11月22日

あこがれのファイアーライフ



まったく寒くなりました。
ほん、この間までは暑くて、短パン・Tシャツで過ごしてはずなんですが・・・

今年は、秋をほとんど飛び越えて、いきなり冬って感じですかね。


おまけに連日、北西風が強く吹き付けて、海は鬼時化状態。
もちろんカヤックどころではなく、絶好のヒラスズキ日和が続きます。


そんな今日この頃、しばらくブログ更新が途絶えておりまして、大変失礼いたしました。




どうせヒラ釣りばっかり行ってたんだろうって?




いやいや、ここ最近、釣りはめっきりご無沙汰でございまして・・・





あれだけ好きだった釣りに目もくれず、ブログ更新も忘れて、どっぷりハマり込んでいるのは、

もちろん「ファイアーライフ」!!

すっかり薪ストーブの虜になってしまっているここ最近のあるじです。






というわけで、今回は薪割りです。
すいません。最近の風来望ブログ、ただの田舎暮らしを楽しむブログになってまして。








どりゃー!!!
絶景の海をバックに、斧を大きく振りあげる!!






そして、渾身の力を込めて、振り下ろす!!
いっさいの躊躇はいりません。
たた、丸太に向かって全体重を掛けるかのごとく、思い切り振り下ろす。





すると・・・





え?空振り?
いえいえ、そうではございません。丸太をよく見てください。
真ん中に切れ目が入ってるでしょ!見事真っ二つですよ!!
あまりのスイングの早さに、丸太を倒すことなく、斧が貫通!


これぞ名付けて、「神業!烈風斧」



あるじ、早くも薪割りが神業の域に達したようで・・・






まあ、実際はこういう失敗も多々ありますが・・・
斧が丸太にささって抜けない、の図




※「烈風斧」は冗談です。
本来、薪割りは、そんなに力を入れません。
斧の重みで割るものです。気をつけましょう。







それにしても、こんな感じで綺麗に真っ二つに割れると、本当に気持ちいい!
気分はまさに、「ビーチボーイズ」の広海(反町隆史)ですよ。
ドラマで、ドラム缶風呂用の薪割りしてたでしょ?


薪割り体験なんてのがあるけど、
以前は「なんで金払ってまで薪割りせんなんと?」って思ってた。
しかしこの快感。やってみると解らんでもありません。





いや~、綺麗に割れるとほんと気持ちいい。
ところで、ちょっと思いついたんスけど、薪割りで釣果を占うってのはどうでしょうか?
名付けて「釣りするフォーチュンマッキー」




ちょいと失礼・・・



「止められない釣りの気持ち
カモン カモン カモン カモン ベイビー
占ってよ
釣りするフォーチュンマッキー!
未来は、そんな悪くないよ
Hey!Hey!Hey!
ツキを呼ぶには笑顔を見せること
ハートのフォーチュンマッキー
運勢 今日よりもよくしよう
Hey!Hey!Hey!
Hey!Hey!Hey!
人生捨てたもんじゃないよね
あっと驚く奇跡が起きる
今日もどこかで爆釣の予感 」



・・・失礼ッ


先日、ヒラ釣りに行く車中で、シンセーがAKBをヘビーローテーションで流すもんで・・・
あれ以来、釣りしてても、薪割りしてても、頭から離れなくなってしまいましたわ。


まずは、シンセーに占ってもらいましょう。
「釣りするフォーチュンマッキー」
ツキを呼ぶには、笑顔で薪割りするんやぞ!






ともあれ、つい夢中になる薪割り。
「よっ!」、「そりゃ!」、「とう!」と、
あるじの威勢のいい掛け声が海風に乗る、晩秋の昼下がりなのでした。






さて、そんなファイアーライフ。
もちろん薪割りだけでは飽き足りません。

風来望館内にも変化が。






こちらは、風来望の正面入り口。
片隅に薪が積まれ、扉には何やら張り紙が・・・






なになに?
どうやら、冬場はこちらの入り口は閉鎖されているようですよ。
ウッドデッキの方へお周り下さいとのことです。



たしか、玄関に薪ストーブがあったはずですが・・・
一体この中は、どうなっているんでしょうか?


確かめてみましょう!!






と思いましたが、暗くなるまで少々お待ち下さい。




それまでの間に、畑の方をご案内します。




 


畑が増えたので、今年はイチゴにもチャレンジしてみようと思います。
植えるのは、路地栽培OK、
家庭菜園でも簡単に育てられるとの謳い文句の「ジャンボイチゴ」
ほんまに育つんか?






植え方は、タマネギと一緒ですね。
堆肥をすき込みながらよく耕し、畝を作ってから植えます。
イチゴは横に広がるので、苗の間隔は広く取ります。

しかしイチゴ人気はすごい。あれよと言う間に売れて、こんなしょぼい苗しか残っておらず。。。
これでは育つ以前に、風と寒さで枯れてしまいそう。

周りの土手を高くして風を当たりにくくし、保温のためにワラも敷きました。
即効性の液肥を与えて、様子を見守るとしましょう。

とりあえずと言うことで、今回は3株植えてみました。
見事、大きくなるといいんですけどね。







タマネギやイチゴ以外にも、タカナ、スナックエンドウも植え、
野菜の種も播いて、すっかり畑らしくなってきた風来望農園第2です。
いや違うか。第2農園はログハウス裏やから、ここは第3やな。
すっかり畑らしくなった風来望農園第3です。


来年は春植えのジャガイモも第3農園に。
広さからして、収穫量は3倍になるでしょうね!
たのしみです。





さあ、そうこうするうちに、暗くなってまいりました。





それではご案内しましょう。
風来望館内に。


かつての玄関は、今はどうなっているのでしょうか?




いや、かつての玄関と言う表現は正しくない。

正しくは、夏場の玄関です。




夏場の玄関、冬はどうなるのか・・・?







それではご覧ください!








風来望Ver.冬!!










ライトアップされた薪ストーブ。
積まれた薪。
ムード満点じゃあございませんか?JAZZの似合う空間というか。


なんといっても目を引くのが、玄関に新設されたフロアではないでしょうか。
ここは一言、言わせて下さい。






上の写真では暗くてよく解らないので、フラッシュを焚いてもう一枚。
ここは、女将さんの要望を実現した憩いのスペース。
読書スペースなんです。フロアを新設し、チェアを持ってきて、
更にはフライヤーラックだった左のガラス棚に、あるじの知恵袋である風来望の蔵書を。



ここは冬場限定のスペース。
冬場だけ、玄関がクローズされるのは、こういうことだったんですねえ。



薪ストーブは、通常、人々が集うリビングなどに設置するもの。
しかしリビングに薪ストーブとなると、莫大な設置費用が掛かってしまう。
そこであえて、設置が容易な玄関にし、玄関を集えるスペースに変えてしまうという、
この逆転の発想。

我ながら、かなりのナイスアイデアです。




フラッシュを消して、もう一度。
これぞ、女将さん効果でしょうか。
これまでの風来望の雰囲気からガラッと変わって、シックで落ち着いた佇まいです。





今年は、冬場も営業の風来望。
薪ストーブ導入で寒さ知らず。
さらには只今、クリスマスソングジャズをヘビロテ中!

皆さまのお越しをお待ちしております!!






それではまた。






  
Posted by 風来望あるじ at 09:21Comments(2)宿のこと

2013年11月17日

タマネギ植え付け






と言う訳で、今度は農作業です。








たまねぎ苗の植え付けです。
2週間ほど前に、耕運機でおこして苦土を施しておいた畑に、
堆肥をすき込みながら、畝を作ります。







植えるのは、風来望の農業女子。
植える間隔が大切。
狭すぎず、広すぎずね!








で、普通の玉ねぎ300本、サラダ玉ねぎ50本、合計350本植え付け完了!
収穫は、実に半年後の来年の梅雨前くらい。
美味しくなれよ!!







昨日は、そんなアグリカルチャーな2人の記念日でした。
この後、娘も連れてお食事へ・・・





そして昨日は、晴天に恵まれた週末。

海んちゅたちが、遊びに来てくれました!






あるじは不在でしたが、
鍋におでんに、盛り上がったようです!



その模様をカイ君が、激写してくれていたので、少々紹介。
































みなさん大いに楽しまれたようですね!!
また、お越しください。
まってますよ!





それではまた!






  
Posted by 風来望あるじ at 08:37Comments(0)農作業

2013年11月15日

薪集め




と、言うわけで薪集めです。






ハヤトと一緒に近くの山へ。
伐採放置された原木を拾い集めます。
もちろん山主の了解は得ています。






小一時間ほどで、軽トラ満載に。
ちなみに木の種類はヒノキ。言わずと知れた針葉樹です。
薪ストーブの燃料としては、一般的ではないそうです。

が・・・

文献によれば、よく乾いた杉やヒノキは、薪として使えるそうです。
しかも、ヒノキは乾燥しやすく火付きもよいそうな。

匂いもいいですしね!
燃やせば、いい香りがするかもしれません。


しかしそれが解るのは、随分と先の話。
続いて作業は、タマ切りへ。






持ち帰った原木をチェーンソーでカットし、
薪ストーブに入る長さの丸太にしていきます。






で、これだけの丸太が集まりました!
この丸太を薪割りして、1年以上乾かして、
やっと薪ストーブの燃料として使えるようになるのです。
薪ストーブを楽しむのも楽ではない。


あ~疲れた。
今日のところは、これで終了です。





さて、気になるのは、これが何日分の薪になるのかということですよね!






ずばり!!






あるじにも皆目見当がつきません。。。

1週間なのか、1ヶ月なのか・・・
使ってみてのお楽しみです!



解るのは、来シーズンの話ですがね。









イルミネーションとポインセチア。
クリスマスっぽくなってきました。
風来望、今年は12月も営業します。
よろしくです!!






前回のブログで、キャベツの写真が間違ってました。
どうもすいません。
こちらが正しいキャベツの苗です。畑に植え付けて3週間くらい。
順調・・・ なのかな?









それではまた。





  
Posted by 風来望あるじ at 18:27Comments(0)その他

2013年11月15日

変わるライフスタイル



最高です!薪ストーブ!!
火のある生活ってのは、本当にいいもんですね。

女将さんも料理の腕を振るいまくりで。
薪ストーブの輻射熱を利用した料理は、遠赤外線の効果で抜群に美味いのだそうです。

ていうか、実際美味いんですこれが!
まあ、具体的な料理は、おいおい紹介するとして、
本当にいいもんです、薪ストーブ。
皆さまも、お越しの際はぜひ薪ストーブ料理にチャレンジ下さい。




そんな薪ストーブ最大の問題は、やはり薪の確保。


薪ストーブに使うのに適した薪のNo.1は、広葉樹。
それも1年以上乾かしたものがベストだそうな。


建築現場や材木屋などで出る端材は、最も手に入りやすい焚きもんですが、
そのほとんどが、杉などの針葉樹。
針葉樹はヤニが多く、薪ストーブの薪としては、不適なのだそうです。
よく乾いたものを焚きつけに使う程度にとどめたほうがよいとのこと。




ということは・・・



薪がない!!

という最大の問題にいきなりブチ当たる訳です。
薪の用意もせずに、いきなり薪ストーブを導入した場合は、ですよ。


もちろんあるじのこと。そんな用意周到な訳がありません。
薪なんか、「流木を使えばOK!」と安易に考えてたくらいですから。



天草にも広葉樹はたくさんあります。

しかしそれを薪ストーブの燃料として、最高の状態で利用するには、
伐採して、タマ切り(短く切りそろえること)して、薪割りして、乾かす必要がある。
それも1年以上・・・


つまり今から薪の準備に取り掛かったところで、使えるのは来シーズン。
いや、厳密にベストを期すなら、来々シーズン用の薪を用意していることになるのである。



となると、薪を購入するしかないのだが・・・、

実際のところ、乾燥が充分でない薪や杉などの建築端材も、
問題はあるものの、薪ストーブの燃料として利用することができるようです。



では、その問題点はなにか。



ひとつは、燃焼効率の悪さ。

薪は燃え始める前に、薪に含まれた水分が蒸発し始めるのだが、
乾いていないと、そこに余計なエネルギーを消費してしまう。

つまり部屋を暖めるはずの熱というエネルギーを、
薪の水分蒸発という余計な仕事に使ってしまう分、部屋の暖まり方が悪くなってしまうのである。

まあ、これは我慢すれば済む話。




もう一つ重要な問題が。


それは、未燃焼ガスの発生。


未燃焼ガスは、よく乾いた薪を使用している場合でも発生するらしいが、
充分に乾いていない薪や、杉・松などのヤニの多い針葉樹を燃やした場合に、特に多く発生するらしい。

その未燃焼ガスは、外気で冷やされた煙突の内壁に触れて、
液化してクレオソートとなり、煙突の内壁に付着する。


煙突内壁にクレオソートが付着すれば、
それはやがて、煙道火災と言う、恐ろしい事故を引き起こすという。


それを防ぐためには、煙突のこまめな掃除しかない。


煙突掃除と言うと、
煙突を外したり屋根を登ったりとの大仕事で、ついついおろそかになりがちな感じ。


しかし、シングル煙突を使用している風来望の薪ストーブは、
仮に良く乾いた広葉樹の薪を使っていたとしても、クレオソートが付着しやすく、
(外気の影響を受けやすいから。実際は外部煙突は二重煙突が好ましいそうです。)
もとよりこまめな掃除が不可欠で、2週間に一度の掃除が欠かせない。

そういうことから、簡単に掃除できるようにしてある。
なので、怠りさえしなければOK。





最後の問題点。


それは、煙がたくさん出ること。
これも確かに街中ではご近所迷惑となり、大きな問題。
洗濯物が煙くさくなったなどのトラブルもあるとか。

しかし「野中の一軒家」の風来望。
もとより、周りでは毎日のように野焼きしているし、これはモーマンタイ(無問題)。




まとめてみると、結局のところ、こまめな煙突掃除さえ怠らなければ、
薪ストーブの燃料としては、不適と言われる薪も利用できそうである。







そんなこんなで、只今、今年の冬用の燃料として、
伐採放置されている木を集めたり、パレットをぶった切ったりと
大忙しのあるじなのでございます。





そして同時に、来シーズン用の薪の準備もはじめなければなりません。

なんやかんや言うても、やっぱりちゃんとした薪を使いたい。
来シーズンこそは、ちゃんとした薪で。



山へ入り、雑木を伐採し、タマ切りし、運び出し、薪割りして、乾燥・・・



薪を自分で用意するには、これだけのことをしなければならない。
どれだけの時間を要するのか・・・
山の木を切るにも許可がいるし、薪の保管場所も要る。

コストに換算すれば、石油ストーブやエアコン使ってる方が、安上がりかもしれません。

ボタンひとつで動くわけでもなければ、すぐに暖まる訳でもない。
不便極まりない薪ストーブ。


実際に導入して解ったことですが、ライフスタイルも合わなければ、
薪ストーブを実用的に使用するのは、難しいように思います。


しかし火のある生活と言うのは、それを補って余りある魅力が満載。
薪集めのような重労働だって、楽しみの一つになっちゃいます。
聞けば、薪ストーブライフを満喫したくて、田舎に移住する人もいてるとか・・・


そこは既に田舎でスローリーライフを営むあるじのこと。
今シーズンと来シーズンの薪を同時に用意するのは、大変ですが、
モーマンタイ(ノープロブレム)!



薪ストーブを満喫するなら、やっぱり田舎暮らしに限ります。
いや、田舎暮らしを満喫するなら、薪ストーブか?

まあ、どっちでもいいです。

とにかく、薪ストーブを使ってるってだけで、
「おう!うちの山の木、何ぼでも切ってええぞ!!」
って次々声掛けてくれます。


これで、薪の確保もモーマンタイ(問題なし)。
薪ストーブ最大の問題も一件落着です。



冬は、時間があれば薪集め。
そんな、薪ストーブを中心としたライフスタイルになりそうな予感のする今日この頃です。




長々と薪ストーブについてのうんちくを述べましたが、
所詮は聞きかじった事に過ぎませんので・・・

じっさいに使ってみて、気付いたことなどがあれば、また報告します!









それでは、ここで久々に風来望農園のほうを少々。



連結ポットにタネを播いた野菜も順調に生育。
葉物を中心に、食べごろを迎えた野菜も多くなってきました!







こちらは、白菜。
連結ポットにタネを播いてから、もう2ヶ月くらい経ったのかな?
畑に植えてからでも、1ヶ月は経ったかも。
あんなに弱々しかったのが、すっかり立派になって・・・
もうすぐ巻きはじめるのか。年内には食べれそう。





キャベツ。
連結ポットにタネを播いたのは、白菜と同じ時期ですが、
畑に植えたのは2週間以上遅かったです。
まだまだ小さい。食べごろは年が明けてからですね。






ブロッコリーかカリフラワー、どちらか。
畑に植えたのはキャベツより1週間遅れ。




先日、大げさなことを言いながら開墾した、猫の額ほどの畑。
1週間ほど前に、カリフラワーかブロッコリーのどちらかを植えました。



白菜・キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー、
連結ポットにタネを播いたのは同じ日ですが、大きさに随分と差が出てきました。





大根もずいぶんと太くなってきました。
年内には食べ頃を迎えるでしょう。







ホウレンソウ
今がまさに食べごろで。


他にも、水菜、チンゲン菜、小松菜、カブなどが食べ頃を迎えている風来望農園で御座います。






訃報です。



先日、あるじの畑仕事の師匠が、他界されました。
1ヶ月足らずの入院の後、あっけなく・・・
あれだけ元気で、まだまだ教わりたいことがたくさんあったのに、残念でなりません。


あるじが畑作業をやってると、決まって
「あ~んた!そんなことやってたらだめやもん!!」
と、ダメだしをして一緒に手伝ってくれた畑のおばちゃんは、もういない。

あるじが釣りにかまけて、畑を放ったらかしにしていたとき、
こっそり手をかけてくれていたおばちゃんは、もういない。



これからは、なんでも1人でやらなければならない。




皮肉なことに、そういう覚悟ができた時、もう甘えることができなくなって初めて、
畑仕事が面白いと思えるようになった。




おばちゃん、ありがとう!!
教えてもらったこと忘れんと頑張るから!





丹精込めた野菜が育つ様子を見る喜び、
そして食す喜び、
まさにプライスレス!!



ジャガイモ、人参、ニンニク、下仁田ネギも順調!
今日は、農協からタマネギの苗が届く予定。。。
漬物用の高菜も植えるし、時期をずらして収穫できるように大根の種も再び播く予定。



冬は、薪ストーブだけじゃなくて、畑仕事もライフスタイルの中心になりますね!!
もちろん釣りも。

出来ることは全て自分で。
やっぱり自給自足な田舎暮らしは最高です!


女将さんには、「自給自足貧乏」と揶揄されていますが・・・

このプライスレスな喜びが解らんとわな。







風来望第2農園(ログハウス裏)。
基本は夏野菜専用の畑ですが、一畝だけ作って、ネギを植えてみました。
家から近いと、何かと助かりますから。
海風に負けず、育つかな?










それではまた。





  
Posted by 風来望あるじ at 12:50Comments(2)農作業

2013年11月12日

冬を楽しもう!




これまで、冬はほぼ「closed」同然と化していた風来望。

そんな冬を少しでも楽しもうと、こんなんやってみました。









冬の楽しみと言えば、イルミネーションも、その一つですよね!
先日、佐賀のイシカワさんに頂いたLEDのイルミネーションを飾りつけました!
ありがとうございます!!










さあ、これが夜になるとどうなるのか・・・









ちなみにこのイルミネーションですが、
名前を付けました。







有名な神戸「ルミナリエ」から取って・・・









ずばり!










天草「海鳴り餌」!!








いかがでしょうか?

あるじ的には、かなりグッディなネーミングではないかと・・・









それではご覧いただきましょう!












それでは、天草「海鳴り餌」点灯!!









 


いかがでございましょうか?
LED電球を贅沢に使わせていただきました。
女将さんからは、ちょっとしたテーマパークみたいと、喜びのコメントを頂きました!








周りが真っ暗なだけに、イルミネーションがより一層映えます。
外はイルミネーション、中は薪ストーブ。
この冬、風来望で身も心も温まりませんか?お待ちしております!








記念イベントのお知らせ。

イルミネーション点灯、及び薪ストーブ火入れ記念といたしまして、
来る11月23日(土)、ゲストのみなさまに、薪ストーブで作った豚汁を振るまいます。

心身ともに暖まりに、是非お越しください!










それではまた。





  
Posted by 風来望あるじ at 22:32Comments(3)宿のこと

2013年11月12日

宝島は宝の山


 


「寒くなったねえ」が、あいさつ代わりになってきました。


11月も中旬。
今週に入ってからは、1日の最低気温も一ケタ台をマーク。


ほんまに寒くなりましたなあ。いよいよ冬の到来ですかねえ。。。




ところで天草の冬といえば、外せないのがやはり「ヒラスズキ釣り」でしょう。

西高東低の冬型の気圧配置となり、天草西海岸は日曜日くらいから
北西風が吹き荒れる絶好のヒラスズキ日和となりました!


あるじも月曜日に今期初のヒラスズキ釣りに行って参りましたが、
いよいよヒラスズキシーズン開幕ということで、どこのポイントもヒラ釣りファンの車、車、車!!


さすがに1箇所目のポイントでは、バージンサラシを叩けましたが、
移動して2か所目、3か所目となると・・・


とまあ、白熱の開幕戦だった訳ですが、状況は厳しく、丸坊主。
どのアングラーに聞いても、芳しい結果が出なかったようで。。。


でも、長い長いヒラスズキシーズンは、始まったばかり。
悲観する必要はありません。

開幕戦で負けたプロ野球の監督がよく言うじゃないですか!
「開幕戦も、長いペナントレースの1試合に過ぎない」と。


次、頑張りましょう。



それにしても、ヒラスズキ釣りってこんなにしんどかったかな?
磯歩きもなんかおぼつかないし、帰りの山登りがもうきついのなんの・・・
一夜明けた今日は、しっかり筋肉痛。

あるじももう年かな。
約半年ぶりのヒラ釣りでしたが、えらい疲れましたわ。





さて、釣れない釣りの話なんかしてても、面白くない。
話題を変えましょう。

ええ。薪ストーブの話題です。


先日のブログでも最後に書きましたが、
薪ストーブの課題は、薪の調達にあります。


そこであるじは、海岸に流れ着くドリフトウッドに着目したのですが、
残念ながら、それは塩分の関係で、薪ストーブの燃料にはできないことが判明。

しかも木なら、なんでもいい訳ではなく、
ごく限られたものしか使えないらしい。



なら薪を買うか・・・



なんのための薪ストーブ導入か解りません。
多分、灯油より高くつくでしょう。



しかしそこは天草。
海も広ければ、山も深い。



薪を探しに、山へ行くぞ!



と車を走らせたところ・・・








山に入るまでもなく、伐採された樫の木の山を発見。
とりあえず軽トラに積めるぶんだけ持って帰ってきました。
宝島天草は、宝の山ですよ!ほんまに。
ちょっと気にかけて車を走らせれば、薪なんて、なんぼでも手に入る。

見たところ、この樫は、今年の夏頃に伐採された感じです。
本当は、1年くらいは乾燥させるらしいですが・・・
手首くらいの細さなら、使えるでしょう!


まあ、今年の冬はこんな感じでしのぐとしても、
来年は、きっちりと薪を用意しておきたいところ。




薪の確保。
そして
薪の保管。




また新しい仕事が増えたなあ。
チェーンソー欲しいなあ。。







お!どこの山小屋?と思わせる風情になった風来望の玄関。
ルクルーゼで料理をつくる女将さん。
薪ストーブ導入で、この冬は煮込み料理が増えそうです。



いろんな制約の多い街中では、薪ストーブを入れても趣味で楽しむ程度にしか使えないと聞きます。
薪の問題を含め、薪ストーブを実用的に使えるのは、田舎暮らしの醍醐味ではないでしょうか!?

寒い間は、玄関が憩いの場になりそうな・・・
そんな予感をさせる薪ストーブ導入プロジェクトでした!!

みなさんも、是非あたりにいらしてください。






鍋の中身は、農園のカブをふんだんに使ったスープ!
あったまります!!





タマは、ここがお気に入りの様子。
ヤケドすんなよ!!







以上!
今季一番の冷え込みでも、あったか風来望からでした!




それではまた。




  
Posted by 風来望あるじ at 14:37Comments(4)宿のこと

2013年11月10日

今年の冬は快適に


雨あがり。

今日は、北西の季節風が吹き荒れ、今シーズン初のヒラスズキ日和り。




しかし!




男には、ヒラ釣り以上にやらなければならないことがある!!





シンセーからの「ヒラ釣り行きましょうよ!」コールを断ってまで、あるじが取り組んだのは、








薪ストーブ導入プロジェクト!
レンガも積み終わり、只今、煙突をグラインダーで任意の長さに切断中。




まあ、いきなり完成!ていうのもなんなので、

作業の途中経過を紹介します!!








煙突をぬく壁の内側には、コンパネを張ります。
メガネ石の部分(真ん中の白いところ)は、只今メガネ石カバーを注文中。



そして、最近お得意の珪藻土を塗り塗り・・・






外の板張りの部分には、オイルステンの塗料を塗り塗り・・・
メガネ石の部分は塗らなくていいからね、おかん!






そして作業は、いよいよ佳境に。
煙突の設置作業です。



少々ごたつきましたが、煙突も無事に設置。
全ての作業が終了。
細かいところは残ってますが、これにてプロジェクトは完了です!!






では、早速火入れとまいりましょう!!
肝心の薪は、海辺で集めてきたドリフトウッド。
いわゆる流木です。
海岸清掃にもなって、一石二鳥の薪ストーブ。







どうですか!この感じ。
見て下さい!この焔(ほむら)を!!
とてもあたたかそうじゃありませんか!!!






実際、とっても温かいです。
まだ慣らし運転の段階で、全開ではないものの、充分な温かさ。
新品なので、塗料のやける匂いが気になりますが・・・
それもしばらくの辛抱です。







火力も充分。
お餅だって焼けちゃいます。







気持ちよくって、
猫だって近くで寝ちゃいます。






勢いで、
鮭だって、食べちゃいます!
ごめん!ダイスケ!!
ルイベと炙りサーモン、バリウマでした。








いや~、これで今年の冬は快適に暮らせそうです。



残る問題は、薪の確保だけ。。
海辺のドリフトウッドだけでは、足りそうにありません。


おがちゃん。またパレット頼むわな!








それではまた。







  
Posted by 風来望あるじ at 23:23Comments(4)宿のこと

2013年11月09日

いろんな釣りをまんべんなく




今週は、釣りネタがなかった風来望ブログ。




でも!




釣りに行かなかった訳ではありません・・・





ええ、そうです。
記事にできるような釣りではなかった。そういうことです。







連休明けの火曜日は、ゴリ吉に誘われ、
頑張って、頑張って・・・




ジギングでハガツオ1本。





水曜日は、


水曜メンに誘われ、
頑張って、頑張って・・・





TOPでヤズ。




木曜日・金曜日は、釣りのお誘いはなし。
これだけ釣れてない状態で、お誘いがなければ当然行く気にもならず、釣りはお休み。。。




そして本日。土曜日は!



シンセー&ハヤトからお誘い。

「ここんとこ全然釣れてないよ」と念を押しながらの釣行です。


しかしながらこの状況では、沖まで行って青物を狙うテンションにはなれず、
久々に、地磯周りでカヤックバイブレーション。
根魚を狙ってみました。




「昔取った杵柄」と申しますか、あるじお得意のバイブレーション。
久々でしたが、オオモンハタをばっちりゲット!!
(写っているキビナゴは、吐き出したベイトです)


と、書くと格好いいですが、実はこれをキャッチするまで3バラシ・・・
いいサイズのヒットもあったんですけどね。


やっぱりブランクの空けすぎはイカン。
ジギングだけに偏らず、いろんな釣りをまんべんなくやるのがベストです。




ちなみに、青物狙いで沖まで行ったハヤトとシンセーは見事撃沈。
だから言わんこっちゃない。。。





夕方からは、今度はおとんのお供。
ご老体に無理はさせられないので、波風穏やかな湾内でカヤックフィッシング。



いろんな釣りをまんべんなくということで、あるじは続いてカヤックエギングにトライ。


狙いのポイントは、既に朝からエビちゃんが叩きまくった後でしたが、

「イカ残しといたから!」

とのエビちゃんの一言で、そのままエントリー。。。



しかし、あのエビちゃんが攻めた直後のこと。
ある程度のプレッシャーが掛かっていることは、想像に難くない。

そこで、エギのサイズを落とし、カラーも地味なものをチョイス。


その選択が功を奏したのかどうかは、解りませんが・・・





エビちゃん!イカ残しといてくれてありがとう!!
夕マヅメの一時は、入れ乗りだったよ!

しかし、あのイカポイントを既に知ってるとは、やはり侮れん男・・・







ということで、今週のあるじの釣果は、こんなんでした。
あるじは、どうにもすっきりしない釣果が続きますが、
カヤックアングラーのみなさんは、いかがでしたでしょうか?



みなさん楽しい釣りを!




それではまた。







  
Posted by 風来望あるじ at 22:33Comments(0)カヤックフィッシング

2013年11月08日

本格的に寒くなる前に




11月に入りましたが、まだまだ昼間は汗ばむのほどの陽気が続いてますね。

これくらいの気候で、ずっといてくれたら・・・
と思うのですが、週間天気予報をみると、来週はかなり寒い予報。

早くも11月も半ばに差し掛かり、そろそろ冬の気配も感じられる今日この頃。


今年は12月も休み無しの風来望。
本格的な寒さの前に、冬支度の開始です!!



はっきり言って夏使用の風来望。
開放的なのはいいけれど、冬はめちゃくちゃ寒い。底冷えする。

冬のブログをご覧になれば、お気づきになるかもしれませんが、
室内なのに、ジャンパーを着込んだおしげさんが鍋をつついているシーンもあったり・・・


一応それでも、石油ストーブは焚いてたんですよ。
まだマシな方で。

あるじ一人の時は、灯油節約のため、ひたすら耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでいた次第。


しかし、女将や娘には、とてもじゃないが、そんな我慢は強いられない。

とはいえ、燃料費高騰のこのご時世。
ノーゲストの時に、灯油代をかえりみずに、ストーブをガンガン焚く訳にもいかない。。。


そこで!


ついに入れることに相成りました!!


念願の薪ストーブを!!!!



数年前から、薪ストーブ・薪ストーブ、言うてたんですけどね。

やっとこさです。



でも、百万円もするような、本格的なやつじゃありません。
そんなコストをかけられる余裕は、当然ありません。
ホームセンターで売ってる安いやつを、できるだ簡易に、お得意のDIYで導入します!


それでは、その導入の模様をどうぞ!!






設置場所は、こちらの玄関のたたきのコーナーです。
で、写真に写っているのが、今回購入してきた薪ストーブ。
暖房目安は、25~30坪だそうな・・・
ほんまかいな?





煙突は、窓枠を利用します。
作業してるのは、あるじのおとん。
引退後、趣味で喫茶店のマスターをやってますが、DIYが大好き。






釣り帰りに立ち寄ったおしげさんも、お手伝い。
これで、寒い風来望ともおさらばよ。
今年の冬は快適に過ごせるといいな!







薪ストーブの設置場所に、耐火炉台の煉瓦を敷くあるじ。
おとんは、ここにあったフライヤーの棚を横移動して、設置の作業。





と同時に、煙突を出す壁づくりの作業も。





あーでもない、こーでもない、と言いながらの作業は、難航を極めましたが、
夜も真っ暗になって、外側はほぼ完成!
真ん中の白いのが、メガネ石と呼ばれる煙突を通す材料で、不燃材で出来ています。





あるじの方の作業もここまで完成。
立ち上がりの煉瓦を、あと5段積めば、完了です。





ではここで、薪ストーブを仮り置きしてみましょう!



どんな感じになるでしょうか?






じゃ~ん!!こんな感じです。
重さが80kgもあるだけあって、なかなか存在感があります。
しかし問題は、これでどこまで暖まるかということ。


温もらんかったら、ただのインテリアやで、これ。。。



とにかく、1日も早く火を入れたいところ!

でも釣りのお誘いばかりで、次に作業に取り掛かれるのは・・・





一体いつやろ?







それではまた。

  
Posted by 風来望あるじ at 23:03Comments(6)宿のこと

2013年11月04日

一生幸せに




パーティ続きの週末3連休も、ついに終盤。
本日は、午後から農作業に勤しみました!


毎晩毎晩パーティで、体を動かさんことには、太ってしょうがないですからね。
特に女将が風来望に来てからは、
食生活がまともになったおかげで、体重は増える一方でございます。

ダイエットには、カヤックフィッシング、そして農作業が一番ですよ、みなさん。


あと、ヒラスズキ釣りと・・・
こちらも、もうじき開幕ですねえ。


だいぶ涼しくなってきて、風来望の方は暇になってきましたが、
相変わらず、忙しい日々が続くあるじです。



さて、本日の農作業は、こちら!






こちらの渺茫たる耕作放棄地の開墾作業!
今度は、正真正銘クワ1本!!
ここに第2風来望農園を作るんだい!!!


の、記念すべき第1歩。
まずは四角く囲ったこれだけのスペースを開墾。


実は、ここは風来望から歩いて10秒の場所。
ログハウスの裏と言えば、解る方も多いでしょう。

非常に近い。



しかし、近いのは解るけど、なんでまた開墾を?
先日の玉ねぎを植える畑にも、まだいっぱいスペースが余ってるのに・・・


確かにその通り。

しかし、あそこの畑には、残念ながら水がない。
すなわち、大量の水を必要とする夏場には、水の確保という課題がある。



その点、ログの裏の土地なら、既に水の準備は整っている。

どこに?

「ゴリキチード」があるじゃないですか!!




近いうえに、水もある。
第2風来望農園予定地は、最高の条件が揃っているのです。


では、いずれは第2農園が、メインになるのか?


ところが、それがそうもいかないのである。。。


風来望から徒歩10秒ということは、海からも非常に近い。
海からの塩分を含んだ風をまともに受ける。
つまり塩害。
すなわち、北西の季節風をまともに受ける冬場には、風の回避という課題がある。



ということで、夏野菜も冬野菜も作れる従来の第1農園があくまでメインで、
第2農園は、「夏野菜用の畑」と言うことなのです。

で、玉ねぎの畑は、冬野菜用の畑ね。



・・・




長々と説明しましたがね、
ま、どうでもいい話です。



聞いてほしいのは、なぜこんなに次々と畑を開墾するのか?と言うこと。


なぜなら、時間ができたから。


女将さんもいてますからね。
今まで1人でやってたことを2人でやれば、そら時間もできます。


あるじは何かしてないと、不安になるタチ。。

まあ、釣りや畑仕事で問題が解決する訳じゃありませんが、
小忙しくしてれば不安は少しは解消するし、1日の充実感がぜんぜん違う。




とういうことで、今日はクワを振り、明日は竿を振る、という毎日を過ごすあるじなのです。
釣り三昧、自由気ままな生活を送ってるって訳じゃあないんですよ!

いや、やっぱりそうか?




風来望の農業女子Ⅱ世もお手伝い。
「一生幸せになりたかったら釣りと畑仕事を覚えなさい」
~中国の古い諺~ 
を少しアレンジ。

なかなかええ諺(ことわざ)やないか。












夕方からは、天草市主催の夕陽ライブが、ブルーガーデン展望デッキで開催。
たくさんの方が観覧に来られていました!




こうして11月初旬の3連休は、幕を下ろしたのでございます。






みなさん、明日からまた頑張りましょう!

それではまた!!






  
Posted by 風来望あるじ at 23:00Comments(0)農作業

2013年11月04日

お誕生日男



風来望一の常連ゲストと言えば・・・

いや、もうすでにほとんどスタッフの一員となっている男と言えば・・・

男の中の男が集う風来望で、唯一ヘタレキャラが浸透している男と言えば・・・






この男、ダイスケ!
昨日は、この男の20数回目の誕生会。


今回のブログは、彼の誕生日な一日を追ってみました。






まずは、カヤックフィッシング!
いつもは、魚が釣れないダイスケ。
しかし今回ばかりは、あるじの横でHIT連発!


「来ました!」

「また、来ました!」

「またまた来ました!!」

と、あれよあれよと、4連続HITで、ヤズやらハガツオをゲット!
いや~、実に珍しいこともあるもんで。
ダイスケが魚釣ってるとこ、初めて見たよ・・・
年に一回のことやもんね。どうやら海も祝福してくれたようです。




そして、誕生会。
夕マヅメフィッシングを終えて、風来望に戻ると、







イルミネーションでデコレートが!
イシカワさん、ありがとうございます!!






こんなお誕生席も用意されてました。




さあ、それではみんなでお誕生会料理を作りましょう!!
釣ってきた魚も、捌きます!






ここで、誕生会に並んだ料理の数々を紹介します!!
今回ばかりは、食べかけの写真じゃありませんよ!





まずは、ハガツオ。
最近の定番、「イタリア風タタキ」。
これはもう、間違いない一品です。







ヤズは、刺身&シャブシャブに。
自家製ゆず胡椒もどうぞ。





熊本名物馬刺しも!




美味しそうな牛肉も!
モトさん、これは佐賀牛?






こんな立派なシイタケも!







他にも、なんやかんやありますが、とても全部は紹介できません!
さあ、料理もテーブルセッティングもほぼ完了。
それでは始めましょう!お誕生会を!!





お誕生日おめでとう!ダイスケ!
完敗!
じゃなくって乾杯!!!





皆さんが持ち寄られた料理で、食卓はいっぱい。
刺身アリーの、焼き肉ありーのと、超贅沢。
みなさん、モリモリ食べようね!




遅れてやってきた悪友のゴリ吉も加わって、
誕生会は大いに盛り上がりをみせ・・・




そしてお待ちかね。プレゼント進呈!!






ゲストの皆さんからは、滅多に手に入らない貴重なルアーを
そして悪友からは・・・
すいません。どうやら公共の電波ではお届けできないものらしいです。







よかったねダイスケ。
これを機会にショアヒラマサゲットで、ヘタレキャラ解消やな!!
BIGルアーが似合う男になるまで、頑張れ!





そしてケーキタイム。
水曜メン「ケーキ屋」こと、メールドゥースの特製です。





先日誕生したBIGカップル。
ついでじゃないけど、こちらも祝福!
Wでメデタイね!!

あんまりデレデレすんなよ、ゴリ吉。




余談ではございますが、こんなものも。
いつも山海の珍味を持参してくれる佐賀のモトさんから。
なんと、「ワニの手」。
手の部分がグロい・・・




食すのは、当然主役。
やっぱり手がグロい。




ヒトミちゃんも、とばっちり。
味の方はどうですか?






最近、主役の座をしれっと奪って行くゴリ吉も。
手の部分を食す・・・
グロッ!!





そんなこんなで、誕生会の夜は、楽しく更けたのでございます。。。






そして翌朝。


今回の誕生会に参加できなかったダイスケのもう一人の悪友から、こんなプレゼントが。




所用で北海道に行っている悪友から届いたのは、
なんと、生鮭。
しかし同じ悪友でも、えらい違うプレゼントやな。

果たしてダイスケはどちらが・・・


ところで、シンセー!
すごいの送ってきたけど、このシャケ一体どうやって食べるねん。
とりあえず冷凍しとくから、料理たのむぞ!!




そんなこんなで、楽しい誕生会も終了。


それでは最後に、ダイスケ本人からのコメントです。


「いや~、忘年会も、誕生会も、風来望が楽しいですね!!」



とのことです。





みなさま、誕生会もぜひ風来望で催し下さい!!








それではまた!








  
Posted by 風来望あるじ at 11:05Comments(2)宿のこと

2013年11月02日

まるで悪女のような




只今、畑仕事に夢中のあるじ。
今日のネタは、「続・耕作放棄地開墾作業」。


草の根っこ、小石の撤去も終わり、



続いては、土壌改良。
苦土石灰(白いやつ)、牛フン堆肥(黒いやつ)を土に混ぜ込みます。





これで、植え付け準備完了。
1週間ほど寝かしてから、畝を作って苗を植えます。



え?開墾作業って・・・
「この身が朽ち果てても」、なんて大そうなこといってわりには、えらい狭いのね。


ま、ブロッコリーかカリフラワーの余った苗を植えるだけですからね。
これで充分ですねん。

クワ1本で開墾なんて、現代っ子のあるじには、これが限界ですて。
これ以上広かったら、マジでこの身が朽ち果てますよ。




さてこの後の野菜作りは、玉ねぎの苗の植え付けをして、年内は終了となります。

さて、その玉ねぎ苗。
今年は、既に普通のを300本とサラダ用を50本を農協に注文済み。



しかし・・・



もはや植えるところがどこにもない。


植えるとこがない。

植えるとこがない。。



そう言い続けていたら・・・








昨日、近所のおっちゃんが耕作放棄地を開墾してくれました!
これだけの広さ。もちろん耕運機で、です。
早速、苦土石灰を播き、植え付け準備をするあるじ。







それにしても、相当広いこの畑。
玉ねぎ350本なんて、あそこの隅っこのスペースだけで、たぶん充分。
さあ、残りは何植えようかな?
女将さんが宿のことやってくれますからね。結構、暇があるんですよ!








話は変わって、本日の釣果!




ジギングでオオモンハタ&ネリゴをゲット!
「ヤバいっす!ジギングハマりそう!!」

ああ。。
悪女のような魅力に取りつかれつつある気の毒な男がまた一人・・・


ジギング。

それは、あるじ自身がそうだったように、始めはその面白さがわからない。
インチクやバイブレーションに比べて、魚からのコンタクトが少なく、長続きしない。

しかし!

ひとたび、ジギングで青物をヒットさせようものなら・・・
その興奮が忘れられなくなり、やらずにはいられなくなるのである。


そう。ジギングは悪女である。
手ごわい。追い掛けても追いかけても、こちらに気を引かせることができない。
しかし、一度でも振り向かせることができたが最後、
その魔力に取りつかれた男は、二度と正気に戻ることはないのである。
のちになんど振られようと・・・



しかしあるじは、そんな哀れなジギングマンたちに声を大にして言いたい。

「Welcome to the Jigging World!!」 と。






せめて、身の破滅を招きませんように。。。









リールの品定めをするジギングマン達。
悪女に・・・










それではまた。






  
Posted by 風来望あるじ at 23:32Comments(2)カヤックフィッシング

2013年11月02日

お詫びとお知らせ



イベント攻勢だった怒涛の10月も終わり、今年もついに11月に突入。
月日の経つのは、本当に早いものです。


11月。それは、人恋しい晩秋の季節。
日に日に寒くなり、木々は葉を落とし、次第に色を失って行く風景に、物悲しさを隠せない季節。


しかし!今年はまだまだ暖かく、未だ夏の名残を引きずっている感がたっぷり。
カヤックも、まだ充分海パンで乗れます。


そんな晩秋の候。
今年もあと2ヶ月となり、何かとせわしない季節になって参りましたが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

おはようございます。昨晩、飲み過ぎて早朝からブログ更新の風来望あるじです。






さて、いきなりではございますが、まずはお詫びから。


昨年10月に開催し、好評だった音楽イベントとカヤック釣り大会。
多くの方々が、楽しみにしておられ、
今年の10月も!と思ってはいたのですが、諸々の事情で、今年は開催できず。。。
大変申し訳ございませんでした。

来年は必ず開催しますので、よろしくお願いします!!







続いてお知らせです。


毎年、あるじの都合で12月はお休みを頂いている風来望。
昨年は12月~2月までの3ヶ月もお休みをいただきましたが・・・


今年は年中無休でやります!!

読んで字のごとく「1年中、休み無し」です。
もちろん大晦日も正月も、元気に営業!
年越しカウントダウンイベントだってやっちゃいますから。


まあ、年越しの話は、とりあえず置いといて、
12月と言えば、忘年会シーズン。
みなさまいかがですか?風来望を貸し切っての忘年会は?

へべれけに酔っぱらっても、そのままベッドに入ればOK!
ハンドルキーパーも必要なければ、帰りの足を気にする必要も全くなし。

数十名規模の大きな忘年会はさすがに無理ですが、
15,6人くらいまでなら、丁度ばっちり。

事業所の忘年会、釣りクラブの納会、親しい仲間内での忘年会などに、
今年の12月は、是非風来望をご利用ください!
お待ちしております!!







さあ、3連休がスタートしました!





昨晩は、ヒラスのシャブシャブナイトです。
またしても食べかけのところで、失礼。






美味しくって、美味しくって!
キリ君が用意してくれたうす揚げの中に、納豆とキムチを入れて焼いた料理。
これも最高でした。

いつもは、ビールしか飲まないあるじですが、
珍しく昨晩は、焼酎の晩柑割りをたしなみ・・・
あまりの美味さに飲み過ぎて撃沈。

タカシさん。これは飲み過ぎ注意ですね!





さて、ここでみなさまに質問です。






こちらは、昨日のシン君の釣果。タイラバで。
デカイ鯛に、アオハタもいい型のが釣れてますねえ。
やっぱりタイラバ・インチクの方が、魚は釣れるし、楽しそう。。。

でも、ジギングのあのHITした瞬間の興奮が忘れられないんですよねえ。
解ってはいても、修業みたいなジギングを続けてしまいます。


話が飛びましたが、質問です。
写真の真ん中に写っている青い魚はなんでしょうか?
マグロ・カツオ系の幼魚だと思います。
昨日は、一時ルアーが沈まない程の群れに遭遇したそうです。

名前が解る方ぜひ教えて下さい。



それから、あるじも先日バラしたBIG根魚。
水温も下がり始め、もう時期も終わりかなと思っていたところ、
ここにきて、遭遇するアングラーが急増!
昨日も、4人のアングラーが、切られたり、バラしたり・・・


今年は、あるじが知るだけで、3本もの8kgオーバーのスジアラが捕獲。
BIG根魚の当たり年と言っても過言ではありませんが、
時期的にも、これが最後にして最大のチャンスか!?


この連休中、もしかしたら1本ぐらい上がるかもしれませんね。
楽しみです!!



アングラーのみなさん頑張って下さい!!
もちろんあるじも狙いに行きますよ!







それではまた!

  
Posted by 風来望あるじ at 07:54Comments(3)宿のこと