2016年08月29日

9月もまだまだ忙しい




今年もまた、直太朗氏の「な~つのお~わ~ひ~」が
頭の中で連呼される季節となりました。

いや、別に去年のように台風直撃でパーゴラが壊れた、
とかいう訳ではありません。

まだまだ暑さが続きそうな予報ではありますが、
8月も大詰めともなれば、夏の終わりを意識せずにはおられないのです。



振り返れば、今年の夏は晴天続きに加えて熊本地震の復興特需もあって、
お蔭さまで昨年を大きく上回るゲストさんの入り。
そこに新サービスの風来望食堂とカヤックツアーが加わったものだから、
もう筆舌に尽くしがたい忙しさでありました。

当然、あるじも女将も連日ピリピリしっぱなしで、
応援に来ていたおかんもあきれるほど、夫婦喧嘩の絶えない毎日・・・


でしたが、
それも8月が終わりに近づくにつれ、
ゲストさんも少なくなり、徐々に余裕ができてくると、、、

とても物悲しい気持ちになるんですよ。
「な~つのお~わ~ひ~」
とね。

渦中にいるときは、あまりの暑さと忙しさに、
夏の終わりを切望していたのに
まあ不思議なものでございます。



さて、そんなこんなで大忙しだった2016夏。
もう一度この夏を振り返るに、風来望一の目玉だったのが、
実質、この夏が本格スタートとなった「カヤックツアー」ではないでしょうか。

カヤックツアーといっても、ガッツリとカヤックを漕ぐ、というものではなく、
シュノーケルや釣りといった海遊びも楽しもう、という趣旨で始めたこのツアー、
これがなかなかの好評でしたので、簡単に紹介したいと思います!





天草西海岸でマリンスポーツ一番のメッカと言えば、やはり妙見ヶ浦!
夏ともなれば、連日大勢のダイバーさんやSUPを楽しむ方々を見かけます。
そして風来望のカヤックツアーも、ここ妙見ヶ浦の通称「象さん岩」の洞窟が目的地!!




洞窟をカヤックでくぐったら、、、





そのままカヤックから飛び込んでシュノーケリング!




洞窟の中と外を行ったり来たり・・・






そしてカヤックフィッシン!!
キビナゴ等をエサに、アカハタやガラカブを狙います。




おおざっぱではございますが、
ツアー当初のコースはこんな感じでした。


これはこれでよかったのですが、しかしながらこのワンパターンだけでは、
その日のコンディションや、参加されるお客さんに合わせたツアーを組むことはできません。


また、カヤックから飛び込んでのシュノーケリングでは、その後の再乗艇に難儀したり、
カヤックフィッシングでも、かんたんなエサ釣りとはいえ未経験の方には難しい、
といった、いくつかの不都合な点もありました。

そしてなにより、ひねくれもののあるじにとって、
西海岸随一のマリンスポーツのメッカとして人が詰めかける妙見ヶ浦をメインに
ツアーを組むことに、多少なりとも抵抗があったことも事実でした。

それは、かつて移住の地を求めた祭にも、
また普段釣りに行くにあたっても共通した、
人の少ないところを求めるあるじのひねくれ性格。



こうなると、ツアーにおいても独自のポイントを見つけずにはおられません。
そしてその性格に従って、
激務の中、少ない空き時間を利用して見つけたポイントが、、、





こちら!
着いた瞬間に「うわあ」と声の上がる水の透明度は、付近一帯でもピカイチ!
それに、カヤックでないと来れない所なので、普段は人の姿も一切なし。




そして簡単に上陸できるのがこれまた嬉しい!



上陸してからのシュノーケリングであれば、
いちいちカヤックに再乗艇する必要もなく、
好きなだけ、泳いだり上陸したりを繰り返せますからね。




またなにより、シュノーケリングで広がる世界が素晴らしすぎる!
透明度が高い上に、魚種魚影共に濃いこのポイント。
ワンド内の浅瀬では、テーブルサンゴで遊ぶ熱帯魚やハタ類、コッパグロなどなど、
ワンドを出て、少し水深のあるところでは、チヌやクロ、ブダイ、ウツボなど、
たくさんの魚たちが悠々と泳ぐ様は、まるで水族館。
お客さんだけでなく、あるじももう病みつきです!





なかでも、8月後半になってから現れ始めたアオリイカの子供は大人気でしたね!
好奇心の強いイカの赤ちゃんは、すぐ近くまで寄って来てくれて、
写真撮影もばっちり。みんな大興奮でした!




また、シュノーケリングだけではありません。



釣りもやっちゃいましょう!
足元から水深のある場所を探れば・・・




良型のアカハタゲット!
釣りの経験があまりない方だと、どてら流しのカヤックフィッシングは
根掛りが多発したりと、なかなか難しい面もあるのですが、
磯の上からだと、ちびっこもバッチリ!!
ここで釣りをする人も少ないのでしょう。場荒れした感もほとんどありません。



いや~、本当にいいポイントを見つけましたよ。
妙見ヶ浦のようなカヤックでくぐれる洞窟はありませんが、
それを推し引いても素晴らしい!

女性やちびっこたちの参加が多い風来望のカヤック海遊びツアーですが、
カヤックで気軽に来れて、安心安全に遊べるこのポイントはマジでおススメです。
また来年からは、この磯の上でおやつタイムなんかの演出もできればなあ、
と考えておりますので、興味のある方、是非ご参加ください!!


あ!今年もまだまだ行けますからね!!
夏の名残を楽しみながら行きましょう。
9月からは、夏の間お休みしていた「風来望セット」の販売も始まりますからね~!
よろしくです。



さて、そんなこんなで激熱の2016夏の風来望でしたが、
なかでも今年の風来望夏を一番満喫したのが、、、





やっぱりこの子でしょう!
小学生助っ人「リク」

この夏、一人カヤックデビューを果たしたリク。
小さな体で大人顔負けのパドリングを続ける姿は、
なかなかに頼もしいものがありました。
でも裸にライジャケは恥ずかしいからやめとけよ。


また、たくさんのゲストさんにも遊んでいただきました。
釣りはもちろん、素潜りやジェットスキーまで楽しませて頂き、
お世話になったみなさん、本当にありがとうございました!!





そして「リク」が帰る間際になって「僕も出たい!」と言いだした、
10月2日(日)開催の『風来望CUP Final』!!

早いもので、もう一か月後に迫って参りました!
昨日からエントリーの受け付けも始まっておりますよ~。


今回で最後となる『風来望CUP』は、
Finalらしく、従来からの路線であった競技重視主義を前面に押し出そうと思います。

また、エントリー費用も500円とギリギリまで低く抑えました。
その分、打ち上げや前夜祭といった装飾は省略することになりましたが、
これまで参加頂けなかった方々にも広くご参加頂ければと考えております!


大会についての詳しい情報と、エントリーはこちらから→風来望CUP公式ホームページ
またエントリーは、風来望まで直接お電話でお申し込み頂いても結構です!

なお、これから大会までの期間中は、
あるじの釣果情報を風来望CUPFBページでUPします。
こちらもお見逃しなく!


それでは今年で最後となる「風来望CUP」に、
たくさんの方々のエントリーをお待ちしております!!!






ということで、風来望セットの食材調達に、
カヤックツアーのガイドに、
風来望CUPに向けた釣果情報提供にと、
9月になってもまだまだ忙しい日が続きそうなあるじです。

今年は9月に入ってもかなり暑い日が続くとの予報が出ておりますが、
朝晩は幾分過ごしやすくなって参りました。
皆さんも体調に気を付けて、名残の夏をお楽しみください!




それではまた。


  
Posted by 風来望あるじ at 17:19Comments(0)カヤックフィッシング宿のことkayak