2015年01月10日

釣り道具の話





今、全国的に風邪やインフルエンザがものすごい流行ってるようですね。
あるじの周りでも、風邪に罹ったという人が、驚くほどたくさん。

寒い日が続いてますからね。
皆さん、充分にご注意ください。



そういうあるじは・・・


ええ、心配ございません。

年明け初釣りから、しばらくご無沙汰しておりましたが、
風邪をひくこともなく、元気そのものでございます。

あるじあんまり風邪ひかないんですよね。
ひいても、軽微なもので終わることが多くて。
多分、バカなんでしょう。



さて、ここ最近ずっとヒラスズキ日和の時化模様が続いている天草西海岸。
普段なら、喜び勇んで毎日でも磯に立つあるじですが、、、

目下のところ、すこぶる調子の悪いヒラスズキ。
モチベーションが上がらず、釣りの方もご無沙汰気味で、

時折、植木屋の仕事をしながらの新年スタートでございます。





天草で植木屋。
それは、一挙両得、一石二鳥。
なぜなら、強剪定で出た太枝を、薪ストーブの燃料にできるから!
これは昨日の現場から引き揚げてきた枝。来年用。助かります。

神戸でも大量に薪ができるけど、持って帰れないもんね。
女将さんは、「来年は軽トラで行って積んで帰ってきて」って鬼のようなこと言うけど・・・


そうなんです。昨年から導入した薪ストーブ。
意外に薪集めに苦戦しております。

天草では、植木屋の仕事なんてそう度々あるわけでもないし。
あっても、強剪定や伐採でなければ意味ないし。

どうするかねえ?





ところで話はガラッと変わりますが、
植木屋さんの仕事に欠かせないアイテムの一つに「地下足袋」があります。

木の上、脚立の上、高所で仕事をする植木屋さんには、
転落事故の危険が常につきまとう。

そんな植木屋さんにとって「足の裏」の感覚はとても重要。
ソールの薄い「地下足袋」で「足の裏」の感覚を研ぎ澄ますのである。

そしてもう一つ、親指だけが分離した「中割れ」となっている地下足袋は、
木の上など、不安定な場所でもしっかり踏ん張ることができるのである。


すなわち、植木屋さんは危険極まりない高所作業を
地下足袋を履くことによって、安全にこなしているのである。




なんの話?

まあまあ、話は最後まで聞くものですよ。



そんな植木屋修行で身につけた技術を、釣りに活かしている男がここにいる。
もちろん、それはあるじ。

あるじは、この「足の裏」の感覚の技術を、ヒラスズキ釣りに活用している。
時化の日に好んで荒磯を徘徊するヒラスズキ釣りは、植木屋と同じく危険度が高い。
充分な安全対策が必要とされる。

その足元の対策としてあるじは、、、



地下足袋スタイルを踏襲して、アユ足袋を採用!
もちろん中割れスタイル。ソールはフェルトピンスパイク。
アユ足袋なので、もちろん水の中での使用を大前提としたウエットブーツとなっており、
ポイントへのエントリーで水に浸かることの多いヒラスズキ釣りにうってつけ。

中割れで、親指が自由に動くため、不安定なゴロタ場も安心。
一般的な磯靴に比べて薄めのソールは、歩いた時の衝撃が大きいというデメリットもあるが、
肝心の「足の裏の感覚」が生きる。
川の中の水垢のついた石を歩くための鮎釣り用のソールは、グリップ力も充分。
これからのシーズン、磯は岩ノリがついて滑りやすくなるが、これなら大丈夫。

見た目は、お世辞にも格好いいとは言い難いが、
ウエットスーツとなら、見た目の相性も悪くはないぞ。

気になる耐久性は、あるじの場合、だいたい1.5シーズン。
ちなみにこれは3代目である。







ところで、正月もとうに去りましたが、
皆さまは正月は何に散財されましたか?


やたら釣り道具を買いまくる、釣具屋に優しい某Dくんいわく、
「めったに買い物をせず、本当に必要なものしか買わない」という渋ちんあるじですが、
毎年、正月だけは散財しています。


今年の正月は・・・





ばーん!!
出た!オシアコンクエストだ!!!
2014年。シマノが持てる技術のすべてを注ぎ込んで世に送り出したNewベイトリール
「オシアコンクエスト」が、なんとあるじの手に!


それにしても、もう何年使ってきたでしょうか?
ジギングや鯛ラバで数々の死闘を演じてきた右側のベイトリール「クラド」がいよいよ限界に。
メーカーにも、もうメンテも不可能といわれ、ついにNewリールを購入してしまったのであります。

Newリール「オシアコンクエスト」のエキサイティングドラグサウンドが、
天草西海岸の海に鳴り響くのは、果たしていつか!?
あー!早く入魂したいぜ!!早く凪にならんかなあ。








ところで、あるじ、去る1月5日にめでたく42歳と相成りました。
男42歳。それは世間で言うところの「後厄」だそうで。
あと1年。無事に去ることを祈るばかりでございます。





そんなあるじに、風来望ファミリーから誕生日プレゼントが!
ズバリ!真空マシンだ!!
超欲しかったんよ、これ!



事の顛末を話そう。

以前から釣った魚の旨い食べ方の研究に余念がないオシゲさん。
彼が始めたのが、釣った魚を真空パックにして、水氷で熟成する方法。
熟成期間はなんと2週間!!青物でも同じだそうで。

鮮度重視で、釣った魚をすぐに食べるのもいいが、
上手に熟成させた魚は、確かにうまみが増す。


これはあるじも真似すべきでしょう!


と思っていた矢先のプレゼントなのでございます。



毎年毎年、本当に欲しいものをありがとうな!みんな!!
大事に使わせてもらうな!
これで、もっとたくさんのゲストのみなさんに釣った魚をシェアできるわ!

本当にありがとう!!





ということで、本日は釣り道具の話でした。
真空マシンも、釣った魚を真空パックで、釣り道具の一つということに。。。




それではみなさま良い3連休を。
良い釣りを!




***************

ホリデーパーク風来望 施設案内

ドミトリー 素泊まり1泊2500円~
他、テントサイト、別館Hut、RVパークあり

レンタルカヤック
シングル艇 3000円/1艇~
タンデム艇 4000円/1艇~

BBQ 1人前1500円~

詳しくは風来望ホームページをご覧ください。
https://www.amakusa-guesthouse.com/

お問い合わせ
mail:fuuraibou-aruji@ivy.ocn.ne.jp
TEL:0969-42-3911

お気軽にお問い合わせください。


***************

同じカテゴリー(釣り)の記事画像
泳ぎ釣りと8月の空き状況
週末あるじナイトFinal。そして風来望食堂再開へ
釣った魚で握り寿司パーティ
いろいろ釣れちょります
新たな門出を祝って!
魚たちへの鎮魂歌
同じカテゴリー(釣り)の記事
 泳ぎ釣りと8月の空き状況 (2018-08-05 18:13)
 週末あるじナイトFinal。そして風来望食堂再開へ (2018-04-01 21:42)
 釣った魚で握り寿司パーティ (2017-06-28 08:28)
 いろいろ釣れちょります (2016-05-20 15:14)
 新たな門出を祝って! (2015-06-25 18:43)
 魚たちへの鎮魂歌 (2014-08-26 15:31)
Posted by 風来望あるじ at 18:35│Comments(1)釣り
この記事へのコメント
某D君にはこちらは困ってます(笑)
Posted by 仁美 at 2015年01月11日 11:24
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。