2020年12月23日

いよいよ火入れ





聞いた話ですが、先日
『風の時代』
に入ったそうですね。


だから今年の冬は
風がよく吹くのでしょうか?

ちなみに『風の時代』は、
この先約200年続くらしいですが・・・



西洋占星術の話です。

風がよく吹くとかは
関係ないみたいね。





さて、本題に入りましょう。

完成間近のピザ窯づくり。
前回のブログでは間もなく火入れ!
というとこまで紹介しました。


で、今回はいよいよ火入れ、
なのですが、

その前に、

先日レンガに詰め込んだモルタルが
しっかり乾いて固まったので、
まずは型枠を外してみます!




中から見るとこんな感じ。
ちなみに型枠の素材は、
固めのボール紙のようなものだったので、
はさみでチョキチョキ切ってバラしました。

さてよく見ると、横目地が
モルタルの詰まりが甘いですね。
中からもう一度詰めなおします。

それとコロッと忘れてましたが、
奥にふたをしないといけないですよね。
今のままだと、ただのトンネルです。





ということでレンガを積んで
ふたをしました。


これでピザ窯の完成です!!


さあ待ちに待った火入れや!



といきたいところですが、

慌てない、慌てない。

新たに使ったモルタルが
しっかり乾くまで2日ほど、
一休み一休み。。。


生乾きの状態のモルタルに
熱を加えると、急激に乾いて
もろくなりますからね。
ここはしっかりと乾かしたいところ。


ということで、1日おいて、

もう1日、、、


と思ったら、


「ぱぱー、ピザ焼いて!」と娘。

「いや、まだ無理やで」

「なんで?完成したんでしょ?」と娘。

「え?いや、うん、おう、そうやな。
じゃあ、冷凍庫からピザ持って来いや!」


・・・


父親というのは、
どうして娘に甘くなってしまうのでしょう。

解せん!





これはいつ頃の写真でしょうか。
この頃は、
ゲストさんにもよくかわいがって
いただいたものですが、

あっという間に難しい年頃になって、
来春からはもう高校生ですよ。


まったく。
さっさと大きくなりやがって・・・





さて、ということで

本当はもう一日待ちたいとこでしたが、
まあ問題ないでしょう!

では、行きます。




火入れじゃー!

型枠をバラした後の廃材などを
燃やします。



おう!
燃えよる燃えよる。
ええ感じや。
やっぱり空気穴開けて正解。


ではこのまましばらく燃やして
窯の温度を上げていきます。




待つこと15分ほど・・・




もうそろそろええかな?
(本来は3時間程かけて窯を充分に
温めてからピザを焼くそうです)

ではピザ窯に、
ぽ~い!
ピザを放り入れます。


アレが欲しいですね。

お好み焼きのコテの
でかいやつみたいなの。

今度Amazonで買うとしよう。




なお、今回焼くのは、
こちらの冷凍ピザです。

まあまずは、お試しということでね。

ゆくゆくはもちろん
手作りピザに挑戦しますよ!!
こだわってね。




さて、気になる焼け具合の方ですが、
やっぱり窯の温度が
全然上がってなかったですね。
チーズが溶ける気配すらない。。。
シーンとしてます。




が、辛抱強く待っていると、
チーズが溶けて、
いい感じに焼けてきました!!




では取り出します。

熱い熱い。
やっぱりコテのバカでかいやつが
必要や。

それはさておき、
ピザ、かなりいい感じです。


今回は焼けるまでに
たぶん30分くらいかかりましたが、
窯が充分に温まってたら
5分くらいで焼けるんじゃないかな!




では、実食!





!!




これ、バリ旨!!!



とても出来合いの
冷凍ピザとは思えない。
(すいませんマルハニチロさん)

トースターや電子レンジで温めるのとは
次元が違いすぎます!

ていうか、ここまで旨いんだったら
冷凍ピザでいいかも。
わざわざ手作りしなくても…



冗談。

やはりピザと焼きにこだわった
究極のピザを作りたいですよね!



実は昔、
『THEスナフキンズ』に
ピザ窯があった頃、
ダイキに焼いて食べさせて
もらったことがあったんですが、

それがめちゃくちゃ美味しかったことを
覚えてて、今回かなり期待してたんです。


これは期待値を超えましたよ!
冷凍ピザがここまでになるとは。

やっぱりピザ窯で焼くピザは違うわ~。
マジで最高です。
これでこだわりのピザを焼いたら
どこまで美味しくなるんでしょう?


もうピザ屋やるしかないでしょ!

夢は広がる!
楽しみしかありません!!




それと今回、
思わぬ副産物を発見!




まだ飲食ブースを作ってなかったので、
間もなく撤去予定の木製階段の下に
今回は無理やり陣取ったのですが、

ここが予想外に暖かいんです!!

ピザ窯の放射熱?輻射熱?

なんかわかりませんが、
とにかく尋常じゃないくらい暖かいんです。
ピザ窯をさらに石で囲んでいるからでしょうか?

薪にしても、ただの廃材を
燃やしてるだけなんですが、
それでも薪ストーブよりも
間違いなく、暖かい!


これはねえ、このスペースは、
ちょっといい感じの憩いの場に、
するべきなんじゃない!?


いや~、もう!
創作意欲がとめどない!!






さあ、その本体の方ですが、
8段目まで完了!
いよいよ最後の一段を
残すのみとなりました。

あれ?
ピザ窯は?





安心してください!
まだ埋まってないですよ。


忘れてないですよ。

9段目を積めば、
ピザ窯が崩れる可能性が
残っていることを。

まだ油断はできません。


でもまあ、なんにせよあと
1段です。

さあラストスパートだ!



といきたいところですが、
翌日はスーパー凪の予報。

石積みはいったん休んで、
久しぶりに風来望沖に
浮きたいと思います。


気になってる方もおられると思うんですが、
風来望DiaryのYouTube版が、
しばらく放ったらかしになってるもんで。。。

YouTubeのネタは風来望沖の
カヤックフィッシングのみって
決めた手前、
風来望沖に釣りに行かないことには
UPできないですからね。


風が強い日が多かったのと、
かなり調子が悪かったのとで、
もう2ヶ月くらい浮いてなくて、
このままだと挨拶もナシに
年を越してしまう勢い・・・


やっぱり、ね。
年の瀬の挨拶はしとかないと!


ということで、行ってきます!
風来望沖カヤックフィッシング!
(ていうか、このブログ書いてる現時点で
すでに行った後なんですけどね。)

気になる釣果はYouTubeで!
年内には間違いなく更新しますので。











それでは。

  
Posted by 風来望あるじ at 22:23Comments(0)ピザ窯