2017年08月30日

いかがお過ごしでしょうか?




朝晩、ようやく過ごしやすくなってきましたね。
いよいよ8月も残りわずかです。
天草では、子供たちも2学期が始まり、
今年もまた風来望の季節が、終わりを迎えようとしています。


そんな今日この頃。夏もピークを過ぎ、
あるじにも少し時間の余裕が出てきて~

皆様!大変お待たせいたしました。
風来望Diary再開です!




さて、
今年はいつも以上に暑い夏でしたが(毎年言ってね?)、
皆様は、いかがお過ごしになられましたでしょうか?



あるじは・・・

おかげさまで、「ユンケル皇帝液プレミアム」が
手放させない夏でしたよ!


毎年精力的に新しいことを始めている風来望ですが、
今年の夏の目玉は、なんと言っても
「カヤックで行く海遊びツアー」!

昨年夏に試験的に開始し、
今期から本格的に始めた当ツアー。
多くのご予約を頂き、1日1便ではまかないきれないため、
午前便、午後便の1日2便体制をとったのですが、

これが、「ユンケル皇帝液プレミアム」が手放せない
一番の原因となりました!
ありがとうございます!!



そもそも夜明けから夜遅くまで忙しい、夏の風来望。
従来からの宿泊とレンタルカヤックに加え、
昨年から飲食の提供もはじまり、

そこにツアーを1日2便も盛り込んだわけですから、
それはもう、まさに目も回るような忙しさで、
あるじも女将もてんてこ舞い。

いや~こうなると、
通勤時間が車で数十秒というのはほんとありがたい。
1日18時間働いても6時間も寝れるんだから!




とまあ、軽口も叩いてみましたが、
正直ちょっときつかった。。。


いや、これが1日2日ならぜんぜんOKですよ。
でも1週間、10日、2週間となってくると・・・

さらに、当然ながら想定外の用件も舞い込んでくるわけで・・・


「明日からしばらく風来望セットが続くけど、一夜干し20枚くらいある?」
「そんなんぜんぜん足らんわ!」

「レンタルカヤックのお客さんが、パドル折れたって電話してきたよっ!」
「なにぃ!?」

「明日の朝4時にカヤック搬送サービスお願いできます?スガムタ海岸まで」
「はいぃ?」

「今日、急遽テント泊のお客さん増えたから、レンタルテント設営してよ!」
「えぇ!?」

「あかん、今日は波高いわ。ツアーは別の浜からカヤック出すわ!」
「わかった。お客さんの送迎ね。帰りは電話してね。」


と、
想定外の用件は、枚挙に暇がありません。


もちろん忙しいのは、あるじと女将だけでなく、
手伝ってくれている女将の両親も同じこと。
(娘は結局0.1にもなりませんでしたわ。あれは0.01やな)

そもそもは、女将の両親にはのんびりと「海の家」の
番でもしてもらおうと夏前には思っていたのですが、
もちろんそんな余裕はなし。

結局、あれだけ準備してきたものの、番をする人がおらず、
「海の家」は、ほとんど閉店状態で大赤字。。。



う~ん。

ちょっと、後先考えずに仕事詰めすぎました。
この暑さですし、来年はちょっと考えないと、
家族全員(娘以外)体が持ちませんな。

せっかく作った「海の家」もこのままではもったいないし。。。

反省です。



しかし常に前を見続けているあるじと女将。
すでに来年の構想が固まりつつあります!

特に!
ツアーは、大幅に内容を変更することがすでに決まりました!!

キーワードは「ランチ」

今までは、風来望に帰ってきて、あるいは出発前に風来望で
BBQランチを楽しんでいただきましたが、
どうしても取って付けた感が拭えませんでした。

その「ランチ」を・・・

さあどうするのでしょうか?
場所は?時間は?メニューは?人手は?

ほかにもクリアすべき課題は山積みですが、
早くも、現場での検証が始まっており、
9月中には実際のリハーサルまで行いたいと考えています!


ますます楽しくなること間違いなしの
来年の「カヤックで行く海遊びツアー」もぜひご期待ください!!!







そしてこの夏からスタートした「RVパーク」




宣伝告知作業が、ほとんどできておらず、
想定していた稼働率にはまだ程遠い状態ですが、
ぼちぼちご利用いただいております。
ありがとうございます!

キャンピングカーのトップシーズンは、
春秋の気候のいい行楽シーズンだそうで、
時期的には今から!
宣伝告知もがんばります!









それではここで、「カヤックで行く海遊びツアー」の
目玉のひとつであるシュノーケリングによる水中画像を
しばしお楽しみください。


























いかがでしょうか?ブルー&ブルーの世界。
ここは普通には簡単に行くことのできない沖の磯。
沖磯ならではの複雑な地形が作り出す神秘の世界。

こんなオールブルーの世界へ
あなたもカヤックを漕いで行ってみませんか?



※写真のウエットスーツ、足ひれはお客様の持ち込みです。
(来年以降、ウエットスーツはこちらでご用意する予定です)

また、シュノーケリング中は安全のため
基本的にライフジャケットを着用していただきます。
(今回は日頃から素潜りをされているお客さんのたっての願いで
特別にライフジャケットは着用していません)








それでは最後に、釣果情報と参りましょう!


8月も終わりを迎え、ピークは過ぎたとはいえ、
まだまだ忙しい風来望。
しかしあるじは、ぼちぼち釣りもしたいモード!

ということで寸暇を惜しんで行って参りましたカヤックフィッシン!!
今から遡ること3日ほど前、夕まづめの2時間ほど、
男のジギング1本勝負してきました!!


結果は・・・



あ、写真撮ってなったので、
料理された姿でどうぞ!






風来望食堂に一夜干し入りました~!
イサキとアカハタは風来望セット用に一夜干しに。
オオモンハタも釣れましたが、一夜干しにするには大きすぎたので、
カマだけ干しました。




で、身のほうはカルパッチョに。
カルパに天草塩を振りかけてます。
どう?セクシー?





最後はサバ。たぶんゴマサバと思います。
しめサバにしてみました!
1匹は普通のしめサバ、もう1匹のしめサバは皮を炙ってみました。
冬のマサバのような脂の乗りはありませんでしたが、
夏のサバもさっぱりした味わいでおいしかったですよ!
お試しあれ。



この日はほかに、無数のぺんぺんシイラと
ソーダ鰹(すべてリリース)も釣れて、しめて6種目達成!
久々にライトジギングを堪能させていただいたのでした。


まだまだ暑い日が続きますが、
魚たちは敏感に秋の気配を感じ取っているのかもしれません。

この釣行は、風来望沖ではありませんでしたが、
風来望沖に出られるお客さんの釣果も、ここ2日ほどで
大きく変わってきました!


まずはオオモンハタ。
沖に出てのタイラバで、かなり釣れてます。
型もいいです。

そして釣果は上がってないものの、
オオモンハタはシャローにも入ってきてる様子。
シュノーケリングをしているとかなり見かけるようになってきました!

シャローのオオモンハタは、
バイブやワームのスイミングアクションで狙うべし。
逆にボトムをねちねち探ると、アカハタに終始してしまうので注意。


そしてヤズも釣れはじめました。
岬周辺や沖でのタイラバで釣れてます。
狙ってみてください。


また風来望沖一番人気の鯛は、
まだ本調子ではないようですが、
ぼちぼち挙がってます。型は2kgほどまで。

しかしながら、大物にフックを折られたとか、
リーダーごと切られたという情報もあり。
こちらは大型の釣果を期待したいところ!



さあ、暑い暑い夏もそろそろ終わりの兆し。
変わって季節は釣りの本格シーズンに突入ですよ!
皆さん準備OKですか?

あるじも、後もうちょっと仕事がんばらせて頂いて、
そっから、釣り三昧や!!(望)

秋も熱い季節にしましょうぜ!







それではまた。



  
Posted by 風来望あるじ at 09:02Comments(0)宿のことMAF風来望食堂

2014年05月26日

MAF裏側





先日、ついに終わった天草西海岸MAF CAMP 2014

今回は、その裏側に迫ってみたいと思います。









はっきり言って、きつかった。
特にこの2ヶ月は、夜もろくに眠れず、肉体的にも精神的にも。

正直、何かをするのに、ここまで追い込まれたことはなっかた。


「未知」



まさに「未知」



どこまで行っても「未知」だった。



「未知」の中を進むのが、これほどの困難を伴うとは。

どこに向かえばいいのか。今自分がやっていることにどれほどの意味があるのか、
果たして合っているのか?何もわからない。

しかしそれでも何かをやらずにはいられない。
だが何をやっても事態が進まな混沌とした状況に、
焦りと苛立ちだけがつのる毎日がイベント直前まで続いた。





そしてここにまた、あるじと同じく苦しむ男がいた。
あるじが発起人であれば、彼がこのイベントの仕掛人。

天草が大好きで、釣りが大好きで、東京在住ながら、
風来望開業当初から毎年、年に4回も5回も天草を訪れている風来望の常連ゲスト。

当初彼は自分の正体を隠していた。しかし只者でないことは雰囲気でわかった。
音楽プロデューサー「トシカズ」氏
天草では釣りだけを楽しみたかったのに、という彼を巻き込んでいた。


彼の尽力により豪華アーティストの出演、そして「スマイリー原島」氏のMCが、ついに実現した。


だが、未知のゾーンの多さに、事は全く思い通りに進まず、
彼もまた不眠に悩まされ、過呼吸になるほどのプレッシャーを受けていたという。
大好きな天草のことで、これほどの苦労をかけたことは、本当に申し訳なかった。



やがて二者は、それぞれに覚悟を決めた。
いや、それは開き直りとも言うべきものかもしれない。



天草と東京。2人の男がそれぞれで、それこそ血を吐くような必死の思いで進めてきたイベント。
それが「天草西海岸MAF CAMP 2014」




2人の天草大好きな気持ちを目一杯盛り込み、そこに地域の方々の賛同が乗っかった
「天草西海岸MAF CAMP」。



無謀な企画であることは承知していた。
勝算の目途はひとつもなかった。
だからこそやることに意義を感じた。
かすかな可能性を信じ、がむしゃらに突っ走った。
そこにいくつものラッキーが生まれた。




結果は・・・








第1駐車場も





第2駐車場も





満車・満車の大盛況!!
来場者数は、実に1500人と公表できるほどで、
ついには、中村五木市長まで来場。

「天草に釣りしに来てたはずが、なぜ市長と名刺交換することに?」
byトシカズ氏



イベントが終わり、2人は歓喜の祝杯を挙げた。
今までの苦労は、すべて笑い話になった。
へとへとに疲れ切っているはずなのに、話は尽きず、酒が尽きた。。。



これで報われた?
この一瞬のために頑張った甲斐があった?

違うな。求めているのは、そんな薄っぺらなもんじゃあない。


やり遂げたという感は一切ない。もちろん涙もない。
まだまだ途中。
やがて、伝説のフェスと語り継がれることをめざし、頭の中は、すでに「2015」へ。


根底にあるのは風来坊の血か。
あるじは、毎日同じようなことの繰り返しを何十年も続けられる人間ではない。
常に新しい刺激を求め続ける風来坊。

「風来坊であり続けることを望む。」 それが風来望の名の由来。
そういうことか。

家族に迷惑をかけるわけだ。。。









「何をもって成功とするのか?」

それが、あるじが今回のイベントで、ずっと考えていたテーマである。
それは、収支でもなく、集客数でもない。

「またやろう。毎年のイベントにしよう。」
地元の人々にそう言ってもらうこと。

言い換えれば、それがこの企画の最大の目的であった。
閉塞感をぶちやぶる起爆剤となること。



心のこもった運営で、今回のイベントを盛り上げた地元下田南スタッフ。

今、聞こえる声は・・・








天草西海岸MAF CAMP 2014は、「成功」だったようで!!







最後になりましたが、

MAF2014にご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!
はっきり言って、これだけの規模のイベントをあるじ一人でどうこうするなんて、とても無理でした。
皆さんの協力と、励ましがあってこそ、実現できました。
とてもたくさんの方に支えられていることを改めて実感です。本当にありがとうございます。


そして、2015のときもまたよろしくお願いいたします!!



もちろん風来望もね!






それではまた。



  
Posted by 風来望あるじ at 08:21Comments(20)MAF

2014年05月21日

第2弾





僭越ながら風来望も出店させて頂きますMAFに!

の第2弾!!





「天草西海岸からの贈り物」





出店に先駆け、そのポスターが出来上がりましたので、ご覧下さい。














天草西海岸に流れ着いたビーチグラスを用いたアート「shio-kaze」
天草西海岸MAF CAMP 2014 で、ついにデビューです!!


みなさま、よろしくお願いします。







それではまた。







  
Posted by 風来望あるじ at 22:34Comments(1)MAF

2014年05月15日

5月15日の記事





前代未聞のフェスティバル「天草西海岸MAF CAMP」!
この規模のイベントを、大手イベント会社もプロモーターもかまずに、
こんな小規模地域主体でやるなんて、全国的にも例がない。

それだけに苦労は多いけど、注目度も抜群。
今では、色んなところから取材の依頼が殺到さ!!!(ちょっとオーバー)




ここ2ヶ月、風来望のあるじを完全にお休みして、
実行委員長として駆け抜けてきたけど、それもあと1週間。


みなさん、もうちょっとの辛抱をお願いします。






“こーたろー”の「かたらんね」かい?この番組は。
身を削るように苦しかった日々も、終わればいい思い出に。
このとんでもなく中身の濃い日々もあと少しかと思うと、少し寂しいあるじです。



終われば、多分しばらくは抜け殻状態になるんだろうなあ。
夏野菜の植え付けも、草刈りも、ヤギ小屋も、作りかけの庭のアプローチも、
色々やることは山積みだけど。




盛り上げますよ!「天草西海岸MAF CAMP」
5月24日(土)。みなさん来てくださいね!!!





  
Posted by 風来望あるじ at 22:09Comments(8)MAF

2014年04月20日

4月20日の記事



しばらく更新が途絶えており、大変申し訳ありません。


ついに開催まで1ヶ月と迫った「天草西海岸MAF CAMP 2014」。
もはや釣りはおろか、風来望の業務も全て放棄中のあるじ。


全てを女将さんに任し、連日、北へ南へ東へ西へ奔走・・・
いや、西は海しかないから行ってないか。


とにかく、持てる力のすべてをイベント準備に注ぎ込んでおり、なかなかブログ更新まで手が回りません。
あるじのブログが見れず、寂しいという方は、天草西海岸MAF CAMPのフェイスブックの方へ。
現在は、そこで執筆活動を続けてますので・・・  作家か!?



なんにせよ、この規模のフェスを「地元主導で」行うというのは
天草だけでなく、全国的にも前例が少なく、全てが手探り。
実行委員長のあるじに掛かるプレッシャーは半端ありません。
プレッシャーに弱いあるじは、吐き気をもよおすような不安感で、早くも眠れない毎日が続きます。



しかし、そんな中、昨日は!





気のおけないメンバーが集結!
あるじは不安の全てをぶちまけ、昨晩は久々に熟睡。
再び活力を取り戻しましたよ!!



現在、イベント準備は告知活動が中心。
天草を中心に、ポスターを貼ったり、フライヤーを配ったりしていますが、
活力を取り戻したあるじ、来週はついに熊本へ!

熊本は全く不案内のあるじですが、ゴリ吉、ダイスケ達の協力の元、
つてを頼りにポスター、フライヤーの設置に回ります。


天草に次ぐ集客の予想される熊本は、他ルートの告知も確保していますが、
さらなる万全を期します。






只今、ポスターやフライヤーを設置させてもらえる先を募集しております!
よろしくお願いします!








思いはただ一つ。

天草を盛り上げたい!!

その思いの元、フェスに協力してくれる人は確実に増えています。
それはまだ小さな渦巻にすぎないけれど、やがて全てを巻きこむウネリとなり、
「日本一過疎化の進む島、天草」という時代の流れをも飲み込む激流に、
5年かそこら先になってれば最高じゃないですか!

役所主導じゃ、他人任せじゃ、絶対に作りだせない激流に。
それだけです。







それではまた。

  
Posted by 風来望あるじ at 22:58Comments(5)MAF